FC2ブログ

Trados 2015がまもなくリリース!

先日大阪で開催されたTrados 2015の説明会に行ってきました。

Trados 2015での新しい機能がいくつか紹介されましたが、特にいいなあと思ったのは、PDFフィルタにOCR機能が追加されたこと。つまり、画像データのPDFファイルをそのままTradosに読み込んで処理できるということです。

ただし、対応しているのは英語などの欧米の9言語なので、日本語のファイルはOCR処理できません。

ちょっとビックリしたのは、Windows 10で正式にサポートされるのは2015のみで、2014まではサポートされないとのこと。会場はどよめいておりました(^^;)

SDLの人の話によると、Trados 2015の発売は6月30日で、前日の6月29日まで

今Trados 2014を買うと2015に無料でアップグレードできます!

という特別キャンペーンをやっているそうです。

ということでSDLのサイトを見に行ったら、キャンペーンは「6月30日まで」って書いてありますよね(笑)

それはともかく、
Trados 2015がもうすぐ発売されるということは、今がTrados 2014を手に入れる最後のチャンスということですね。

つい最近、Trados 2014指定案件があり、翻訳会社さんから2014のライセンスを借りてお仕事したばかりで、2014指定が増えつつあるのかなあと思っていたところ。

説明会が終わった直後は2015なんてまだまだ要らんと思いましたが、2日経った今、2014はゲットしておいたほうがいいかもという気持ちに傾いています。

保冷バッグ 

今回のうれしいおみやげは、350ml缶が4本入る保冷バッグ。ビール4本もってお出かけしましょうですにゃー!\(^O^)/

↓1日1ぽちっ!いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

Studioのここが好き!

トラドスはTrados 2007とStudio 2011をインストールしていますが、今でも2007指定案件のほうが多いし、2007のほうが使い慣れているので、特に指定のないフツーの案件でも2007ばっかり使っています。

先日久しぶりにStudio指定案件を受注し、ただいま取り組み中。

指定なしでStudioを使うとプロジェクトの作成やらでいつも迷うのですが、指定案件だと送られてきたプロジェクトパッケージを開いて作業を開始すればよいので、Studioでも作業しやすいなあと感じます。

Studioで特に気に入っているのは、画面右下のこれ!↓

カウント

左から順番に説明すると、
白紙:未翻訳の語数、鉛筆:翻訳中の語数、鉛筆+✓:翻訳済みの語数で、
それぞれのパーセンテージも表示されます。

「文字数」というのは現在の訳文文節内の文字数です。ここでは、25語の英語から成る文節で「必要に応じて、」と訳したので、この時点での訳文の文字数が「7」になっています。

どこまで終わって、あとどのくらい残っているのかが一目でわかりますね。
これが好きなんです!


SDL Trados Studio 2011 基本の「き」
by カエレバ

↓1日1ぽちっ!いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

MultiTermのファイルがCanonのフォルダに!

私はほとんどすべての案件でTradosを使用しており、用語集が支給された場合には、それをMultiTermに取り込んでTradosと連携させて作業しています。

先日実に久しぶりにSDLX案件が来て用語集も支給されたので、インストールしているMultiTerm 2011にさっそく取り込み、SDLXで作業しようと思ったら、

あれ?ツールバーにMultiTermがない!

WHY?と思ってぐぐってみたら、こんな情報が。
つまり、2011以降のMultiTermはSDLXに対応していないので、SDLXで使いたい場合は2009にしなさいということですね。はいはい。

そういうわけで、MultiTerm 2011をアンインストールし、MultiTerm 2009をインストールしましたが、

あれ?MultiTermが起動しない!

またもやWHY?と思ってぐぐってみたら、こういうことらしい。
キヤノンのプリンタソフトがインストールされているPCにMultiTermをインストールすると、MultiTerm.exeなどのファイルがなんと!

C:\Program files (x86)\Canon\Easy-WebPrint EX

のフォルダに入ってしまうのです。確かにこのフォルダに入っていました(^^;)
そういえば、去年の夏からキヤノンに変わったのでした。

そこで、まずインストールしたMultiTermをアンインストールした後、このページの指示に従って、レジストリエディターで4つのファイルを削除してから再びMutiTerm 2009をインストール!

今度は問題なくインストールでき、SDLXでも使えるようになりました。

ツールバー


めでたしめでたし。今日のランチはパエリアでした。

パエリア 

↓1日1ぽちっ!いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

今度は2011の本が出た!

今年の6月にトラドスのマニュアル本を買いましたが、ぱらぱらと眺めただけであまり利用しないうちに、今度は2011の本が出ました。

SDL Trados Studio 2011 基本の「き」
by カエレバ

タイトルがいいですね。基本の「き」。

はい。買いました。使い方の説明については2009の本とほぼ同じですが、2011に即した内容になっているほうがよいので。

「少し便利な使い方」の章に「SDL XLIFF Coverter」についても書かれているし、2011のユーザーならもっていて損はしないと思います。

き  
「き」になる「き」になる

↓1日1ぽちっ!いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

Studio 2011が起動しない!

トラドスはTrados 2007とStudio 2011をPCにインストールしていますが、いまだに2007を使う案件が多く、2011の出番はほとんどありません。

昨日確認したいことがあり、数か月ぶりにStudio 2011のアイコンをダブルクリックしてみたら、

エラー

こんなメッセージが表示され、Studioを起動できません。

こんな妙なエラーははじめてで、一体何が原因でこうなったのかはわかりませんが、とにかく再インストールするのがよかろうと思いました。

そこで、Studioをアンインストールする前にライセンスを非アクティブ化しようと思ったのですが、Studioを起動できないからそれができないのですね。SDLのサイトの「マイライセンス」から「強制返却」しようと思っても、何故か「強制返却」のリンクが表示されていません。

強制返却はあとでもできるという話も聞いたので、ライセンスはそのままにして、とにかく再インストールすることにしました。

が、いろいろ調べまくってちょっと疲れたんこぶよ。まずはおやつおやつ。

ブルボン 

ブルボンのロアンヌを食べたら疲労回復し、まずStudioを張り切ってアンインストール!

今回のエラーに関係があるかどうかわかりませんでしたが、再インストール時の注意という気になる記事を見つけたので、念のためにこれらのファイルを削除してからStudioを再インストールしました。

再インストール後、Studio 2011は正常に起動し、ライセンスのアクティブ化も無事完了。

このあと「マイライセンス」を見てみると、2つのStudio 2011がアクティブになっていて、「強制返却」のリンクが表示されていました。

リンクをクリックして、アンインストール済みのほうのライセンスを無事に返却できました。めでたしめでたし。

↓1日1ぽちっ!いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

トラドスの本を買ってみた

トラドスはIT翻訳者には必須の翻訳支援ソフトで、私もほぼすべての案件でトラドスを使用しているのですが、マニュアル本はずーーっと前に発売されたTRADOS6 Freelance―翻訳支援ソフトの世界標準+「翻訳メモリ」活用法くらいしかありませんでした。

しかし、トラドスも名前にStudioが付くようになってから、見かけも操作法もかなり変わってしまったので、大昔に出たこの本も役に立たなくなっています。

私は現在Trados 2007とTrados Studio 2011を使用していますが、最初は2011の使い方がわからず、こちらの記事に書いたように、佐藤翻訳事務所のSDL Trados 2011入門コースを受講して、2011の基本的な使い方を覚えました。でも、プロジェクトやらを作成する手順をすぐ忘れてしまうので、そのたびにこのコースのテキストを見ています。

私が受講したのは入門コースで、ほんとに基本的なことしか含まれておらず、マニュアル本があるとわかりやすいんだけどなーと常々思っていたら、先日マニュアル本が出たという話を聞いたので買ってみました。

1, 日本語の2009の本
即効解決 SDL Trados Studio 2009
by カエレバ

2. 英語の2014の本
Sdl Trados Studio: A Practical Guide
by カエレバ

どっちを買おうかと迷ったあげく、2冊とも買いました。
先日届いたばかりでざっと見ただけですが、どちらか1冊買うのなら1の日本語版のほうがよいと思います。

1ではWinAlignやMultiTermの使い方にも触れていて、この本を参考にすると私がもっているTrados Studio 2011ももっと活用できそうです。やはり日本語で書かれているから、自分が知りたいことを見つけやすいですね。

2は最新バージョンのマニュアル本という点ではよいかもしれませんが、英語なので自分が知りたいことを見つけるのに時間がかかります。まあ、たまにぱらぱらと眺めて2014のことを知るにはよいと思います。

こちらはトラどす。
トラどす 

↓1日1ぽちっ!いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

スポンサードリンク

FC2カウンター
プロフィール

mariko(猫先生)

Author:mariko(猫先生)
2004年よりフリーランス翻訳者。分野は主にIT、工業、医療機器。

詳しいプロフィールはこちら↓
翻訳の青山(猫先生のホームページ)

翻訳の仕事や勉強についてご質問なさってもかまいませんが、記事を検索してご質問に関連のある記事にコメントしていただけますと幸いです。記事の内容に関係のないコメントはさくっと削除いたします。

猫先生の脱力感あふれるつぶやき↓
@mariko_rouge

猫先生のKindle本\(^O^)/


紙版も出ました!
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
メールフォーム
48時間以内に返信がない場合は、メールソフトの迷惑メールフォルダをご確認くださいますようお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

翻訳の仕事に関する情報なら
翻訳の求人数200件以上!翻訳の情報収集・スキルアップもサポートする「アメリア」


絶賛発売中!

fujisan.co.jpの定期購読

大人気の「うんのさんの辞書」!


Lesson 6に猫先生登場!


今年も出ました!


メディカル翻訳のガイドブック
名刺を作りましょう!
猫先生の本棚

Kindleもいいね!




中島みゆきさん♡