2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08








明日から社会復帰

5月31日にオーストラリア旅行から帰ってきました。

今回の旅行はオーストラリア大陸横断10日間の旅で、シドニー→エアーズロック→ケアンズ→パースと、気候や特色もさまざまな地域を訪れました。

一言で言えば、いろんなところでいろんなものを見られて、とても楽しい旅でした。
そうそう!オージービーフやワインなど、食べ物もおいしかったです(^_^)

帰国後は録りためたテレビ番組を見たり、写真の整理をしたりして過ごしていましたが、明日から社会復帰し、真面目にお仕事しようと思います\(^O^)/

飛行機の中から見たウルル(エアーズロック)↓
ウルル 

↓1日1ぽちっ!いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/06/04 ] 旅行や遠足 | TB(0) | CM(2)

ゆふいんの森と青いソニック

「博多で翻訳勉強会」 の翌日、今回の福岡行きの目的の1つであった列車の旅に出かけました。

まず、博多駅から「ゆふいんの森1号」に乗車。

ゆふいん前 


中はこんなカンジ。なんとか先頭車両の座席が取れましたが、後ろのほうだったので、正面の窓から外を眺めるのは難しかったです。

ゆふいん座席 


デッキが素敵ですね*^^*

ゆふいんデッキ


せっかくなのでおやつでも。おいしかったですにゃ(^_^)

おやつ 


約2時間後に由布院駅着。左に停まっている黒い列車は「ななつ星」*^^*

ゆふいん駅 


ところで、ゆふいんといえば、「由布院」と「湯布院」の2通りの表記を見かけますが、どっちが正しいというか、どう使い分ければよいのでしょうね?

そう思って調べてみましたが、このサイトによると、地元の方もあまりきっちりと使い分けておらず、どっちでもいいみたいですね。

その「ゆふいん」で3時間ほど観光してきました。

金鱗湖に行く途中で、湯布院フローラルヴィレッジというところがあり、立ち寄り湯もあると聞いて利用してみましたら、客は私一人で貸し切り状態\(^O^)/
気持ちよく入浴できました。

フローラル 


温泉に入ったあとは、金鱗湖へ。

金鱗湖 


湖のほとりにあるマルク・シャガールゆふいん金鱗湖美術館

美術館 


この美術館に併設されている「Cafe La Ruche (カフェ・ラ・リューシュ)」で、ゆふいん麦酒と野菜カレーのランチを食べました(^_^)

ランチ 

 
美術館でシャガールの絵を鑑賞してから、来た道を歩いて戻って由布院駅へ。
特急ゆふ号に乗って大分まで。

ゆふ号 


大分からは特急ソニック号に乗車。白いソニックと青いソニックがあるんですが、私が乗ったのは青いソニックでした。

ソニック前 


扉の内側が赤で、とってもオシャレですね*^^*

ソニック横 


座席もとってもいいカンジ*^^*

ソニック座席 


小倉で下車。新幹線に乗るまで少し時間があったので、小倉城へ。
彼岸花が綺麗に咲いていました。

小倉城 


夕食は新幹線の中で「かしわめし」。また1ついい思い出が増えました\(^O^)/

弁当 


それにしても、九州というのはオシャレで素敵な列車が多いですね。
次に九州に行く機会があったら、今後はどの列車に乗ろうかなと、今からわくわくしています*^^*


↓1日1ぽちっ!いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
[ 2016/10/03 ] 旅行や遠足 | TB(0) | CM(0)

氷河特急

スイスといえば、山や湖などの美しい風景のほかに、鉄道もその魅力の1つであり、鉄道が好きな私はいろんな鉄道に乗るのを楽しみにしていました。

旅行中に乗った鉄道を乗車順に紹介します。⇔は往復、→は片道の利用です。

1. インターラーケン⇔ユングフラウヨッホ:ベルナーオーバーラント鉄道、ヴェンゲルンアルプ鉄道、ユングフラウ鉄道(ヨーロッパで一番高いところを走る)
2. アンデルマット→サンモリッツ:氷河特急
3. ディアヴォレッツァ→サンモリッツ:世界遺産のレーティッシュ鉄道ベルニナ線
4. テーシュ⇔ツェルマット:シャトル列車(ツェルマットは環境保護のためガソリン車の乗り入れ禁止)
5. ツェルマット⇔ゴルナーグラート:ゴルナーグラート鉄道
6. シャモニー⇔オテル・ド・モンタンヴェール:モンタンヴェール鉄道(フランス)

この中でも最も印象に残った2番の氷河特急の旅についてお話しします。

氷河特急はツェルマットとサンモリッツを約8時間かけて結ぶ特別列車で、平均時速は約34kmなので「世界一遅い特急」と呼ばれています。私が乗ったのはアンデルマットからサンモリッツまでで、乗車時間は約5時間でした。

予定よりも1時間以上早くアンデルマットに着いたので、時間つぶしに町をそぞろ歩いていたら、1本前の氷河特急が走るところを見ることができました。
あれに乗るんだなあ(^_^)

列車1 

はいはい。これに乗るんです、アンデルマット11:54発。

案内 

ドキドキわくわくしながら列車の到着を待っていたら、来たーー!\(^O^)/

列車2 

赤い車両にGLACIER EXPRESSの白い文字がカッコイイ*^^*
スイスらしい配色です。

側面 

お弁当が配られるそうですが、その前にまずスーパーで買ってきたビールを。
お向かいさんからポテトチップスの差し入れがありました。

ビール 

しばらくするとお待ちかねのお弁当が来たーー!\(^O^)/
張り切って開けてみたら、ほとんど遠足のおやつのようなもので、車内はがっかり感がそこはかとなく漂っておりました。

おやつ 

おやつを食べ終わった頃にお土産車内販売のおじさん登場!
なかなかのエンターテイナーで、カタコトの日本語で上手に応対してすっかり人気者(^_^)

車内販売 

私が買ったのは、帽子と傾いたワイングラス。グラスが傾いているのは急勾配用ということらしいけど、実際にはそれほどの勾配でもなかったような。

帽子とグラス 

買った帽子をさっそく被ってみました。その後この帽子が旅行中ずっと大活躍。
気に入りました(^_^)

帽子 

乗車して4時間くらい経った午後4時頃、この路線の一番の見どころであるランドバッサー橋が見えてきました。みなさん一斉に進行方向右側に集まって撮影祭り。

橋1 

こうして特等席に陣取ったおかげで、うまく撮れました(^_^)
ちなみにこの画像は動画から取り出しました。

橋2 

午後5時過ぎにサンモリッツ駅に到着。楽しい列車の旅でした(^_^)

サンモリッツ 

↓1日1ぽちっ!いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
[ 2016/08/16 ] 旅行や遠足 | TB(0) | CM(0)

スイスの山

みなさま、お久しぶりです!
7月30日から8月7日までスイス旅行に出かけていました。
しかし、日本ってなんて暑いんでしょう(゚o゚;)

帰ってから写真を数えてみたらなんと!730枚もありました\(^O^)/
全部はお見せできませんが、明日は祝日「山の日」なので、スイスの山の写真を何枚かどうぞ!

ユングフラウヨッホのプラトー展望台から眺めるアレッチ氷河。

アレッチ氷河 

ユングフラウもこんなに近くに見えます。

ユングフラウ 

ヨーロッパで最も高い所にある郵便局「ユングフラウヨッホ山頂郵便局」(標高3454m) のポストから絵はがきを投函。

ポスト 

この郵便局は、日本で最高地点となる「富士山五合目簡易郵便局」と1993年から姉妹提携を結んでいるそうです。だから日本のポストが置いてあるんですね。


次は、ベルニナ線のディアボレッツァ駅からロープウェイで登ったところにある「ディアボレッツァ展望台」から眺めたベルニナアルプス。

ベルニナアルプス 

左からピッツ・パリュ、ヴェラヴィスタ、ピッツ・ベルニナだそうですよ。


次はマッターホルンです。湖に映る逆さマッターホルンを眺めながらハイキング。

ハイキング 

ハイキングのあとは、マッターホルンを眺めながらチキンカレーを食べました。
おいしゅうございました(^_^)

カレー 


次は、国境を越えてフランスのシャモニーへ
行ってはみたが、お天気がよろしくなく、残念ながらモンブランは見えず。

モンブラン 

しかたがないので、モンブランの絵が描かれたTシャツをお土産に買いました(-_-)

Tシャツ 

以上、スイスの山と、フランスの山のTシャツの写真でした。


↓1日1ぽちっ!いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
[ 2016/08/10 ] 旅行や遠足 | TB(0) | CM(0)

南阿蘇鉄道希望の光復興祈念切符

トロッコ列車といえば、2013年10月、熊本県の立野~高森間を走る南阿蘇鉄道のトロッコ列車に乗りました。

こちらがそのときに乗ったトロッコ列車「ゆうすげ号」で、この立野駅から出発しました。

トロッコ 

次の長陽駅では、忍者が入ってきてお菓子を配っていったり、

忍者 

日本一長い駅名の「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」があったり、

長い駅名 

楽しいサービスとのどかな風景で心をなごませてくれるトロッコ列車は、終点の高森駅に着きました。

高森駅 

そんな楽しい旅の思い出をくれた南阿蘇鉄道ですが、4月14日以降に発生した熊本地震で甚大な被害を受けて全線運休となり、復旧のめどすらたっていません。

現在、南阿蘇鉄道を支援するため、全国の第3セクター鉄道4社が共同で「南阿蘇鉄道希望の光復興祈念切符」を販売しています。

この切符は1セット1000円で、そのうち700円が南阿蘇鉄道への支援金として使われます。

私もささやかながら協力しようと思い、由利高原鉄道のサイトで2セット購入しました。ここのWebショップはPayPalも使えて便利です。

切符 

これが南阿蘇鉄道の切符です。いつかまたこの列車に乗りたいものです。

南阿蘇 

↓1日1ぽちっ!いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
[ 2016/05/24 ] 旅行や遠足 | TB(0) | CM(0)

浅草から会津若松まで

先週末の東京でのお勉強のあと、浅草から会津若松まで、東武鉄道、野岩鉄道、会津鉄道、JRで行く鉄の旅に行ってきました。

この路線は「知る人ぞ知る会津への絶景ルート」だそうで、車窓の風景については、こちらのサイトの動画を見ていただくことにして、ここでは主に列車の写真をお見せします。

まず、浅草から東武鉄道の特急「きぬ」(スペーシア)に乗り、鬼怒川温泉へ。
この日は鬼怒川温泉で1泊。

スペーシア 

翌朝の鬼怒川温泉駅前。こちらは鬼怒川温泉のキャラクター、鬼怒太。
いい天気でうれしいです脳(^_^)

きぬた 

喜多方行きの快速「AIZUマウントエクスプレス」に乗車。

AIZU 
 
快速なのに、まるで特急のように上等な車両です。

車内 

新藤原までが東武鉄道、新藤原~会津高原尾瀬口が野岩鉄道、会津高原尾瀬口~西若松が会津鉄道です。まず、会津鉄道の「塔のへつり」駅で降りました。

駅 

サスペンスドラマで何度か見たことがある「塔のへつり」とはこんな所。「へつり」とは地元の言葉で断崖のことだそうです。

揺れる橋を渡って突き出た岩の近くまで行ってみましたが、柵もないのでちょっと怖かったです(^^;)

塔のへつり 

近くのお店で昼食を食べたあと駅に戻り、今度はトロッコ列車に乗りました。
「お座トロ展望列車」といって、1両目がお座敷席、2両目がトロッコ席になっており、私はトロッコ席に座りました。

トロッコ 

床や壁に猫の足跡が付いていて、トンネルに入るとこんな風に光ります。

トンネル内 

トンネルの壁を利用してアニメを上映するトンネルシアターもあります。

シアター 

なぜ猫がよく登場するのかというと、会津鉄道の芦ノ牧温泉駅の駅長さんが猫だから。今回は素通りしましたが、いつか駅長さんにお会いしたいです。

ネコ駅長 

西若松からJRに入り、トロッコ列車の終点の会津若松駅に到着したら、ちょうどSLが発車したところでした!  が、タイミングを逃して、煙しか撮れず。

SLの煙 

会津若松駅に到着したトロッコ列車。外側もこんなにかわいい*^^*

トロッコ外

以上、浅草から会津若松まで4社を連絡する鉄道の旅でしたが、天気にも恵まれて気持ちのよい旅となりました。


↓1日1ぽちっ!いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
[ 2016/05/19 ] 旅行や遠足 | TB(0) | CM(0)