ブログを始めて4か月

このブログは9月1日に開設したので、今日で4か月経ったことになります。ブログを始めたきっかけは、今年の夏に仕事がヒマになり、空いている時間がもったいないなあと思ったことです。それで、アフィリエイトでお小遣い稼ぎもできそうだし、ブログをやってみようと思ったわけです。

 

実は、私は子供の頃から作文が嫌いで、今でも文章を書くのはあまり好きではありません。なので、ブログを始めたはいいが、ちゃんと定期的に更新できるんだろうかと心配な面もありました。確かに、「身の周りでこんなことが起こり、私はこう感じましたー!」というような、エッセイみたいなものは私には書けません。でも、翻訳の仕事についてなら結構書けるのではないかと思ったのです。

 

やってみたら、あらまあ!いつのまにか4か月続いているではありませんか。好きなことについてなら、文章を書くのも辛くないどころか、楽しいのですね。それに、以前は人のブログはめったに読まなかったのですが、自分もブログを始めてみると、人のブログを読むのも楽しくなりました。

 

ブログを通じていろんな人との出会いもあり、この4か月間楽しい毎日を過ごすことができました。このブログを読んでくださったみなさん、ありがとうございました。

みなさま、よいお年をお迎えくださいませ。



↓幸せならクリックしよう、ぽちっ。いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
スポンサーサイト
[ 2009/12/31 ] その他 | TB(0) | CM(13)

自然科学系和英大辞典

専門用語の辞書にはそれぞれ特徴があるので、いろんなタイプの辞書を揃えてjammingで串刺し検索しています。

 

たとえば、CD-科学技術45万語対訳辞典 英和/和英は、用語についての説明はないが、とにかく収録語数が多いというのが良い点ですし、マグローヒル科学技術用語大辞典 CD-ROM版 改訂第3版岩波理化学辞典 第5版 CD-ROM版は、訳語以外にその用語についての簡単な説明が載っている点が良い点です。

 

もう1つのタイプとして、CD-ROM 自然科学系和英大辞典 [理・工・農・医] Version 4があります。この辞書には、単語の訳のほかに、その単語を用いた例文が載っています。たとえば、「回路」で検索すると、アナログ回路→an analog circuit、ディジタル回路→a digital circuit などの複合語はもちろんのこと、「回路が開く」、「回路をはんだで接続する」などなど、「回路」を使った表現や文がたくさん出てきます。

 

この辞書は英和としても使えるので、たとえば"circuit"で検索することもできますが、やはり和訳よりも英訳の際に例文を参考することが多く、主に英訳の際に重宝しています。



↓幸せならクリックしよう、ぽちっ。いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

休日の予約

翻訳の仕事が好きなので、休むことなく毎日仕事をしていても苦にはなりませんが、たまには1泊か2泊くらいの旅行もしたいものです。勤め人のように土日が休みと決まっているわけではないので、曜日に関係なく、たいていは平日に旅行に出かけます。

 

ただ、いつなんどき仕事の依頼が来るかわからないので、旅行の日程が決まったら、あらかじめ翻訳会社さんに「この日は旅行に出かけるため稼働できません」とお知らせするメールを送ります。つまり、休日を予約しておくわけです。

 

自分が休みたいと思うときに休めるのがフリーランスのよい点ではないかと思います。休みたいと思わないときに休みになってしまうこともありますが(^^;)



↓幸せならクリックしよう、ぽちっ。いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
[ 2009/12/29 ] 翻訳の仕事 | TB(0) | CM(10)

今年の冬はヒマなので

どうも長期休暇になりそうです。今日中に仕事依頼の連絡がなければということですが、もう夕方なのでたぶんないでしょう。そういうわけで、ジグソーパズルをネットで注文しました。今年の夏に作った「民衆を率いる自由の女神」に続いて、名画シリーズ第2弾!でございます。どんな絵画を選んだかは後日発表します。

 

ジグソーパズルを買うときはジグソークラブ楽天市場店を利用しています。私の知る限り、この店が一番品揃えがよく、値段も安いと思います。

 

年末年始に仕事をしないのは、翻訳の仕事開始1年目以来です。心配しても仕方がないので、のんびりと長期休暇を楽しみま~す。ジグソーパズルが届いた途端仕事が来たらどうしよう? これが一番心配。



↓幸せならクリックしよう、ぽちっ
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
[ 2009/12/28 ] 趣味 | TB(0) | CM(4)

タクシーで納品

これは1990年代前半、私がまだ富山に住んでいた頃の話です。当時は英語の非常勤講師だったんですが、知人から手紙の英訳を頼まれることがときどきありました。当時はまだパソコンをもっておらず、ワープロ専用機を使っていて、わが家にはファックス機もありませんでした。そういうわけで、元の原稿もワープロ仕上げの訳文の原稿も手渡しでした。

 

ある日、県内では有名なある会社にお勤めの人と喫茶店で知り合いになり、アメリカの提携会社に送る手紙を英訳してほしいということになりました。さすがにその会社にはファックス機はありましたが、私の家にはまだなかったので、原稿の受け渡し時にはいつも私がその会社まで車で出かけていました。

 

何回目かの納品時、いつものように原稿をもっていこうとしてその会社に電話したところ、タクシーを呼んで運転手さんに届けさせてくれとのこと。つまり、タクシーに私が乗っていくのではなく、荷物(紙1枚)だけが乗っていくということです。へえー、そういう方法があるのかと感心しました。うちまでやってきたタクシーの運転手さんに「○○の××さんにこれを届けてほしい」と言うと、そういうことはよくあると思われ、即「はい、わかりました」と言って、紙1枚が入った封筒をもって行かれました。

 

ファックスも電子メールも当たり前に使われている今では考えられない話ですが、タクシーで品物のみを運ぶという方法もあったんですね。





↓幸せならクリックしよう、ぽちっ
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
[ 2009/12/26 ] 翻訳の仕事 | TB(0) | CM(4)