2010 051234567891011121314151617181920212223242526272829302010 07








ラジオ英会話を収録した電子辞書

7月9日にセイコーからちょっとおもしろい電子辞書が発売されることになりました。今度の辞書SR-G6100NHには、NHK「ラジオ英会話」1年分の音声データと対応テキストが収録されているのです。

1年分というのは2009年4月から2010年3月までの放送で、約30時間になるようです。1年分しっかりと勉強できるはずですが、いつでも聴けると思ったら案外聴かないものかもしれませんね。

でも、アイディアはおもしろいなあ。



↓幸せならクリックしよう、ぽちっ。いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
スポンサーサイト
[ 2010/06/25 ] 電子辞書 | TB(0) | CM(6)

Cupmen

カップ麺にお湯を注いだ後、蓋を押さえていてくれるCupmenなるものを使ってみました。Cupmenはこんな風に使います。

Cupmen 

お湯の熱でCupmenの温度が上がっていくと、腕がだんだん白くなっていきます。3分後にひっくり返してみると、腹の部分も白くなっていました。

とても軽いお方なので、もう一人いた方がいいのかもしれませんが、もう一人お呼びするには、さらに840円支払わなくてはなりません。



↓幸せならクリックしよう、ぽちっ。いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

CheckAlignが発売されたが

「対訳君」で有名なMCLが CheckAlign という翻訳品質自動チェック&アラインメントツールを発売しました。サイトの説明を見ると、訳文の作成やチェックに役立ちそうなので、以前から気になっていました。

対訳君のユーザーは優待価格で買えるそうで、私のところにもMCLから優待販売のご案内メールが届いたので、さっそくサイトにアクセスし、「ご注文はこちら」をクリックしてみましたら、、、

64bit OSには対応しておりません ですと。ガーーン!!
サブのXPで使う気もしないしなあ。やめとこ。


↓幸せならクリックしよう、ぽちっ。いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
[ 2010/06/20 ] 各種ソフトウェア | TB(0) | CM(2)

見てから印刷

仕事の連絡は電話かメールで来るし、原稿の受け渡しもメールで行うので、ファックスを使うことはめったにありません。

そういうわけで、ファックスのインクリボンは結構長持ちしていたのですが、去年あたりから某パソコン屋さんの広告が頻繁にファックスで送られてくるようになり、先日ついにインクリボンがなくなりました。

今使っているファックス電話機は、7年前に買ったものです。インクリボンを買ってきて付ければまだまだ使えるのですが、はやぶささんも帰ってこられたことだし、そろそろ買い換えてもよいのではなかろうかと思い、さきほどネットで注文しました。

注文した製品は、Panasonic KX-PW820DL-S。

これを選んだポイントは次の2つです。

1.  「見てから印刷」機能
届いたファックスを画面で確認し、必要なものだけを印刷できます。これで某パソコン屋さんのためだけに紙やインクを使わなくてもよくなります。

2. コードレス
パソコンの場所と電話機の場所が3mほど離れているのですが、パソコンの画面を見ながら電話で話したいときもあるので、コードレスだと便利だなあと思っていました。

届くのが楽しみです(^_^)

↓幸せならクリックしよう、ぽちっ。いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
[ 2010/06/18 ] 翻訳の仕事 | TB(0) | CM(4)

Windows7でTradosを使う

Tradosとの付き合いは長く、もう5年余り経ちます。2005年に半年ほどオンサイト翻訳をやっていまして、そのときにはじめてTradosを使わせてもらい、基本的な使い方を覚えました。当時はTradosを買うお金がありませんでしたが、タダどころか、お金をもらってTradosの使い方を習ったわけです。このときは主にTagEditorを使用していました。

2006年にめでたくTradosを買うことができ、ITに特化した翻訳会社に登録しました。この会社ではWorkbenchとWordを組み合わせて使う方法を指定され、他の会社でも同じように指示されることが多かったので、私はこの使い方に最も慣れています。

現在お付き合いがある翻訳会社からWorkbench+Wordを指定されることはありませんが、私にはこの方法がベストなので、ほとんどすべての案件でこの方法を使用しています。ときどきSDLX指定の案件もあるので、SDLXも使用しなければなりません。

こういう状況ですが、現在使用しているWindows7 Professional(64ビット)では、Trados2007(Build863)、MultiTerm2009、Word2003、SDLX2007 SP3(Build 7080)の組み合わせで問題なく使用できています。MultiTermは、2007がインストールできなかったので2009にしました。SDLXは、Build 7044がMultiTerm2009に対応していないと聞いたので、Build 7080にアップグレードしました。

ProfessionalエディションではXPモードも使用できます。しかし、Tradosを使うのに2GBのメモリが推奨されることを考えると、XPモードに2GBも割り当てるのはもったいないような気がするし、XPモードなら必ず動作するかどうかもわかりません。XPモードを使用しなくても、Tradosは上記のバージョンで問題なく使用できます。



↓幸せならクリックしよう、ぽちっ。いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
[ 2010/06/14 ] Trados | TB(0) | CM(4)