2011 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312011 08








張り切ってお勉強開始!

先日の記事に書いた3か国語コースを今週から開始しました。
日曜日にイントロダクションを読み、昨日フランス語とスペイン語の第1課を学習したところです。

教材はすべてWordファイルなので、まずこれらを印刷した紙を綴じるために、張り切ってリングバインダーを買ってきました。
青がフランス語用、ピンクがスペイン語用、緑がイタリア語用です。
ファイル 

張り切って辞書も買いました!
最初のうちは初級向けのわかりやすい辞書がよいだろうと思い、これらの辞書を選びました。そのうち大きい辞書もほしくなるでしょうが、まずはこれでスタートしてみます。
辞典 

辞書を選ぶ際には、外国語広場というサイトを参考にしました。このサイトは外国語学習に関する情報が満載で、オススメのサイトの一つです。





↓幸せならクリックしよう、ぽちっ。いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
スポンサーサイト
[ 2011/07/26 ] 英語以外の言語 | TB(0) | CM(6)

北海道に行ってきました!

 翻訳会社さんに「休みます!」と連絡して、先週北海道に行ってきました。出発が20日だったので、2、3日前から台風の影響で飛行機(関西→千歳)が飛ぶかどうか心配でしたが、当日無事に飛んでくれました。

3泊4日の日程で、札幌→富良野→美瑛→旭川と行ってきました。写真を123枚も撮ってしまいました。そのうちの4枚をここで紹介します。

富良野の「ファーム富田」のラベンダー畑
ラベンダー 

のろいトロッコで「ノロッコ」というそうな
ノロッコ 

旭山動物園の空飛ぶペンギン
ペンギン 

人目もはばからず熱い抱擁
チンパンジー 

十分にリフレッシュできたので、今週からまたお仕事やお勉強をがんばります。

↓幸せならクリックしよう、ぽちっ。いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
[ 2011/07/25 ] 旅行や遠足 | TB(0) | CM(12)

一気に3か国語いっちゃいましょう!

NHKのEURO24を始めてからもうすぐ4か月になりますが、これをのんびりと見ているうちに、もっときちんと学んでみたいと思うようになりました。

特にフランス語をきちんと勉強して、ある程度文章の読み書きもできるようになりたい。将来的にフランス語でも翻訳の仕事ができるようになったらもっといいなあ。そう思って、フランス語の講座を探していたら、ポリグロット外国語研究所というサイトを見つけました。

この研究所ではいろんな言語のセミナーや通信教育を行っているようですが、私が特に興味をもったのは、1年で5か国語または3か国語の翻訳能力を身につけようというコースです。おもしろそうなので、さっそくメールで問い合わせてみました。

3か国語コースは「原則として、英、仏を必須とし、第3外国語は、独、西、伊より選択」ということですが、英語をやらずに仏西伊の3か国語でもOKかと問い合わせてみると、OKという返事でした。そして、2日後には私に合わせたカリキュラムを作成してメールで送ってくれました。

同時に3か国語なんて勉強する時間が取れるだろうか、フランス語だけに絞った方がいいんじゃないだろうかとしばし悩みましたが、そういう心配よりもチャレンジしてみたいという気持ちが勝り、今日申し込んでしまいました!

すると、その数時間後に1年分の教材ファイルがどーんとメールで送られてきました。はやっ!

ちなみに、このポリグロット外国語研究所を主宰なさっているのは、『語学で身を立てる』という本の著者である猪浦道夫さんです。猪浦先生ご本人からメールをいただき、感動しました。

はい!1年間がんばってみることにします!

※明日から数日間旅行するため、コメントの返事が遅くなりそうです。すみません。



↓幸せならクリックしよう、ぽちっ。いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
[ 2011/07/19 ] 英語以外の言語 | TB(1) | CM(14)

医薬の翻訳を目指す人にオススメの2冊

『通訳翻訳ジャーナル』で有名なイカロス出版から、医薬の翻訳を目指す人にオススメの2冊が絶賛発売中!です。

1冊は先月の初めに発売された『医学・薬学の翻訳・通訳完全ガイドブック』です。主な内容は医学・薬学に関わる翻訳・通訳の仕事内容、プロになるにはどのような知識やスキルが必要かということなので、医薬翻訳(または通訳)を目指してこれから勉強する人や勉強中の人に参考になる本だと思います。

このガイドブックは2,3年ごとに改訂版が発売されています。私は2006年の夏に医薬翻訳の勉強をしようと思い立ったので、2006年バージョンを買って参考にしました。情報は当然新しい方がよいので、現在勉強中の人は新しいガイドブックを買いましょーね。



もう1冊は本日発売された『まずはこれから!医薬翻訳者のための英語』ですが、人気がありすぎるのでしょうか?アマゾンではすでに「一時的に在庫切れ」になっています。

この本の著者は医薬翻訳者の森口理恵さんで、『医薬の英語』(2001年刊・絶版)に大幅に加筆・修正の上、再出版したものとのことです。医薬分野の必要最低限の用語・表現を網羅しているので、上記のガイドブックを読んだ後のはじめの1冊に最適ではないかと思います。



実は、私がメディカル翻訳コースに通う前に読んだのがこのガイドブックと『医薬の英語』でした。オススメです。

↓幸せならクリックしよう、ぽちっ。いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
[ 2011/07/11 ] 各分野の勉強 | TB(0) | CM(6)

ポストエディットという仕事

先月の初めに「今月は英訳月間」という記事に書いたとおり、約1か月にわたる英訳案件が昨夜ようやく終了しました。で、今月はどうなるかというと、やはり英訳月間になりそうです。

最近ほんとに受注案件の傾向が変わってきたなあと思います。変わってきたといえば、先日ある翻訳会社さんから「ポストエディット」という仕事についての連絡がありました。

ポストエディット?なんやら本にぺたぺた貼るもんか?と最初思いましたが、よく考えてみると、それは「ポストイット」でした。

あるクライアントさんが一部の文書の英日翻訳にMachine Translation(MT; 機械翻訳)を導入することになったそうです。で、機械が翻訳した文書というのは、そのままではなんじゃこりゃ?なところも多いので、それを修正して適切な文書にする作業を「ポストエディット」というのだそうです。

今日はたまたま時間があったので、そのポストエディットやらに関する資料を読んで、作業の手順などを勉強しました。

今後ポストエディットの作業を引き受けるかどうかは翻訳者次第だそうですが、たまにこういうちょっと変わった仕事が入ってくるのもおもしろいかもしれないなあと思っているところです。

↓幸せならクリックしよう、ぽちっ。いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
[ 2011/07/08 ] 翻訳の仕事 | TB(0) | CM(6)