2015 01123456789101112131415161718192021222324252627282015 03








通訳翻訳ジャーナル:フリーランスで働くには何が必要?

『通訳翻訳ジャーナル』2015年春号が発売されました。主な内容については最新号のご案内をご覧ください。 

今号は「目指す人を応援!春の特別号」ということで、通訳者・翻訳者を目指して勉強中の人に特に役立つ記事が多いようです。

特に、これから産業翻訳の仕事を始めようとしている人にお勧めなのが、p34~35の
フリーランスで働くために ― 揃えておきたいグッズ&心構え 産業翻訳編」。

あきーらさんこと庄野彰さんが産業翻訳の仕事に必要な辞書やソフト、PC環境のほか、確定申告やフリーランスへの心構えなどについてまとめておられます。

私もそうでしたが、これから仕事を始めようとするときに何を揃えたらいいんだろう?と悩んだり迷ったりしますよね。あきーらさんのこのページはよくまとめられていて、翻訳を始める人にとってとても役に立つガイドになると思います。


通訳翻訳ジャーナル 2015年4月号
by カエレバ


↓1日1ぽちっ!いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
スポンサーサイト
[ 2015/02/22 ] 翻訳の仕事 | TB(0) | CM(0)

MultiTermのファイルがCanonのフォルダに!

私はほとんどすべての案件でTradosを使用しており、用語集が支給された場合には、それをMultiTermに取り込んでTradosと連携させて作業しています。

先日実に久しぶりにSDLX案件が来て用語集も支給されたので、インストールしているMultiTerm 2011にさっそく取り込み、SDLXで作業しようと思ったら、

あれ?ツールバーにMultiTermがない!

WHY?と思ってぐぐってみたら、こんな情報が。
つまり、2011以降のMultiTermはSDLXに対応していないので、SDLXで使いたい場合は2009にしなさいということですね。はいはい。

そういうわけで、MultiTerm 2011をアンインストールし、MultiTerm 2009をインストールしましたが、

あれ?MultiTermが起動しない!

またもやWHY?と思ってぐぐってみたら、こういうことらしい。
キヤノンのプリンタソフトがインストールされているPCにMultiTermをインストールすると、MultiTerm.exeなどのファイルがなんと!

C:\Program files (x86)\Canon\Easy-WebPrint EX

のフォルダに入ってしまうのです。確かにこのフォルダに入っていました(^^;)
そういえば、去年の夏からキヤノンに変わったのでした。

そこで、まずインストールしたMultiTermをアンインストールした後、このページの指示に従って、レジストリエディターで4つのファイルを削除してから再びMutiTerm 2009をインストール!

今度は問題なくインストールでき、SDLXでも使えるようになりました。

ツールバー


めでたしめでたし。今日のランチはパエリアでした。

パエリア 

↓1日1ぽちっ!いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
[ 2015/02/13 ] Trados | TB(0) | CM(0)