2015 101234567891011121314151617181920212223242526272829302015 12








通訳翻訳ジャーナル:Over 40 シニア世代でも輝ける!

『通訳翻訳ジャーナル』2016年冬号が発売されました。主な内容については、リニューアルオープンした「通訳翻訳WEB」のこちらのページをご覧ください。

通訳翻訳ジャーナル 2016年1月号
by カエレバ

今回のCover Story 1は「Over 40 シニア世代でも輝ける!」ということで、めがねをかけて本を読んでいる犬先生が表紙です。

私も40歳を過ぎてから翻訳スクールで学び、その1年後に翻訳の仕事をスタートしたのですが、年齢によるハンデもメリットも特に感じることなく今まで仕事をしてきたように思います。

どんな仕事でもそうなんでしょうが、自分に向いていて楽しんでできる仕事であれば、年齢はあまり関係ないのでしょうね。

ただ、今の年齢を考えると、この先何十年も続けられるわけではないので、仕事(内容や条件など)は選びたいと思っています。

また、このコーナーでは、55歳で通訳学校に入学し、60歳で通訳デビューされた方も紹介されており、自分も今から他の分野とか他の言語とかで新規開拓するのもいいかもしれないなあと思ったりしました。

この先あまり長くないと思うから、以前からやってみたいと思っていたことにチャレンジする。そう思うのがシニア世代なんでしょうなあ。

ということを考えた今回の通翻ジャーナルでした。


写真は勤労感謝の日に訪れた姫路城。天気がいまひとつでしたが。

姫路城1 

ちゃんと上まで登りましたよー(^_^)

姫路城2 


↓1日1ぽちっ!いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2015/11/26 ] 本・雑誌 | TB(0) | CM(4)

打診の嵐

今日の夕方、3週間続いた大きな案件を無事納品しました\(^O^)/

これを納品したら4連休にしてしまえ~と思いながら納品の準備をしていたら、別の翻訳会社さんから仕事の打診メールが。

はいはい、OKですよーと返事を書いていたら、今度はまた別の翻訳会社さんから仕事の打診メールが。前のメールとはわずか15分の差でした。

両方受けられるかどうか考えてみたけど、どうも無理そうなので、先着1名様ということにしました。

こんなこともあるのね~としみじみと感じ入っていたら、その1時間後くらいに、また別の翻訳会社さんから仕事の打診メールが(゚o゚;)

こちらさんはスケジュール的に可能だったのでOKしました。
2番目の会社さん、ごめんなさいでした。

そういうわけで、連休中は仕事三昧になりそうです。

それにしても、3社とも今日で仕事が終わることを知っていたかのような、びっくりぽんなタイミングでございました。特に予定を知らせていなかったんですけど。

↓こちらは、マヤ文字で書かれた「2014年11月19日」。
ちょうど去年の今日、メキシコのチチェン・イッツァ遺跡で作ってもらいました。

マヤ文字 

11月19日は私のラッキーデーなんでしょうかねえ。


↓1日1ぽちっ!いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
[ 2015/11/19 ] 翻訳の仕事 | TB(0) | CM(0)

アイスランドの推理小説

珍しく小説の紹介でも。
アイスランドの作家が書いた推理小説があると聞き、読んでみました。

湿地 (創元推理文庫)
by カエレバ


物語はアイスランド特有の事情がからんだ殺人事件で、物語の舞台になっているのは、先日の記事で紹介した雨の降りしきるレイキャネス半島。

あの日悪天候でなかったら訪れることがなかったであろう、あのレイキャネス半島なのですが、物語の中でもずっと雨が降っていました。

ほかにもレイキャビク市内やシングヴェトリル国立公園など、旅行で訪れた場所がいくつか出てきて、頭の中で風景を思い浮かべながら読むことができました。

それはともかく、この小説はとても読み応えがあっておもしろかったです。
この先一体どうなるんだろう?と気になって気になって一気に読み進んでしまうようなおもしろさです。

この本の訳者は柳沢由実子さんで、スウェーデン語版から日本語に訳されたそうですが、とても読みやすい文章だと思いました。いいお手本を見せていただきました。

海岸 

↓1日1ぽちっ!いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
[ 2015/11/01 ] 本・雑誌 | TB(0) | CM(0)