2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09








地名を調べるなら英辞郎かリープラプラ

世の中はゴールデンウィークですが、私は今日も仕事をしています。今やっている仕事は、機械の開発プロジェクトの計画書の英訳なんですが、外国の地名がたくさん出てきます。

先日発売された雑誌『産業翻訳パーフェクトガイド』の106ページでは、リーダーズ・プラスが「地名、固有名詞の訳が多い」として紹介されていましたが、確かにそうだと今日実感しました。

いろんなCD-ROMの辞書をJammingで串刺し検索しているのですが、コピペしたカタカナの地名がたくさんヒットしたのは、リーダーズ+プラスと英辞郎でした。今度はこれらの辞書にある英語の地名をWordにコピペすれば、自分で入力しなくてもよいわけですね。

これらの辞書は、EDPのサイトから入手できる英辞郎とロゴヴィスタのリーダーズスペシャルセットを選ぶと、Jamming(または後継ソフトのLogophile)で使えるので便利だと思います。

※関連記事
辞書の串刺し検索
英辞郎をJammingで使う



↓幸せならクリックしよう、ぽちっ。いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
関連記事
スポンサーサイト

リーダーズ・プラス

リーダーズ・プラスは地名,人名などの固有名詞が充実していますよね.

ただ,リーダーズ英和辞典とリーダーズ・プラスとで,同じシリーズなのに,カタカナのあてかたなど日本語の表記の仕方が若干違っているのが気になります.
[ 2010/05/05 15:46 ] [ 編集 ]

えいじゅなすさん

えいじゅなすさん、こんにちは。
えいじゅなすさんのブログにはときどきおじゃまさせていただいているので、こうしてコメントをいただき感激しています。

今回の仕事では、地名のほかにその国の首相の名前なども出てきましたので、リーダーズ+プラスがとても役立ちました。

えいじゅなすさんはおそらく紙版をお使いなんでしょうね。私はリーダーズ英和とリーダーズ・プラスが1つになったCD-ROM版(そういうわけで「リーダーズ+プラス」)を使用しているので、2つの辞書の違いを意識しないで使っています。
[ 2010/05/05 17:19 ] [ 編集 ]

リーダーズ

私のブログにも来ていただいているとのこと,ありがとうございます.

英和辞典は,最近はもっぱらリーダーズを使っています.紙の辞書と電子辞書の両方を使っていますが,自分が引いた単語の記録が残ることと,持ち運びやすいことから,電子辞書を使うことのほうが多いです.

ジーニアスは,リーダーズでしっくりする訳が見当たらないないときや,英文作成のときに用法を確認するのに使っています.
[ 2010/05/07 09:05 ] [ 編集 ]

えいじゅなすさん

ジーニアスは「語法のジーニアス」と言われるだけあって、語法を確認するにはもってこいの辞書で、私も英文作成のときにジーニアスをよく使っています。

紙のリーダーズ英和辞典ももっているのですが、これが初版の第16刷(1993年)です。初版第1刷は1984年発行なので、"Internet"という単語が載っていません。

買ったのは1993年頃だったと思いますが、当時は電子辞書もなかったので、紙のリーダーズとジーニアスをよく使っていました。自宅で翻訳の仕事をするようになってからはもっぱらCD-ROM版を使用していますが、紙の辞書もいいですよね。
[ 2010/05/07 09:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekoblo285.blog99.fc2.com/tb.php/140-6c5b5618


リーダーズ英和辞典

研究社から出ている英和辞典.収録語数は27万語と大辞典に匹敵.片手で持てる辞書なので,大辞典のように引くのが億劫になるということはない...
[2010/05/06 06:22] URL えいじゅなすの本棚 - 英語,医学,投資の専門書レビューブログ