2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08








お金をもらって勉強する

『産業翻訳パーフェクトガイド』の59ページに書かれている、IT・医療機器などで活躍中のBさんとは私のことですが、ここにも書かれているように、私は翻訳スクールに1年間通学し、勉強開始から1年で翻訳の仕事を開始しました。

勉強開始から1年で仕事開始というパターンは、スクールのクラスメートたちもそうであるので、ごく普通だと思っていましたが、どうも1年という期間はかなり短い部類に入るようです。

翻訳スクールの講座では、毎回与えられる課題を通して、実際の仕事の練習をします。講師の手助けもありますが、自分で訳してみることによって、訳語をどうやって調べたらよいのか、表記はどうするのがよいのかなどが少しずつわかってきます。このような練習を1年間も続ければ、基本的な翻訳スキルは身につくと思います。

私のようにある特定の分野の業界での勤務経験がない場合、その分野に関する知識はこの時点ではまだまだ不十分ですが、少なくとも調べもののやり方などの基本的なことがわかったならば、すぐに仕事を開始するのがよいと思っています。というのは、実際に翻訳の仕事をすることが一番の勉強になるからです。

スクールではITコースを受講したにもかかわらず、Tradosを買うお金がなかった私は、それまで勉強したことのない産業機械の翻訳に転向したのですが、実際に仕事をすることによって機械のことも少しずつわかるようになりました。

また、スクールでは和訳しか学ばなかったのですが、和訳のみで登録した翻訳会社から英訳もやってほしいと言われ、英訳も引き受けることになり、英訳についても実際の仕事がそのまま勉強になりました。

翻訳の仕事というのは、お金がもらえる通信教育みたいですね。

↓幸せならクリックしよう、ぽちっ。いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/05/06 ] 翻訳の仕事 | TB(0) | CM(6)

こんにちは

こんにちは!
コメントありがとうございました。
本当に仕事こそが勉強になり、
報酬もいただけ、ありがたいことですよね。

ところで、
marikoさんが掲載されているムック本、
本屋さんで立ち読みした際(すいません)、
拝見した記事がmarikoさんのものだったと思います。
すごいなあ、私も頑張らないと、と
記事を読んで感銘を受けたんです。
またよろしくお願いします。
[ 2010/05/06 18:41 ] [ 編集 ]

caramelさん

caramelさん、こんにちは。
はい。翻訳の作業が楽しいと思えるのであれば、こんなにありがたい仕事はないと思いますよ。

caramelさんもそのうち雑誌に登場されると思いますが、そのときにはぜひ立ち読み(笑)させていただきますので、今後ともよろしくお願いします。
[ 2010/05/06 20:17 ] [ 編集 ]

たしかに

marikoさん、しばらくぶりです(わたしの中では)。

たしかに仕事は一番ためになる勉強なのですが。
わたしの知識で医学に入っていっていいものか悩んでいます。外国の仕事を一部請けないことにしたので、新規開拓しなきゃなー。と。
[ 2010/05/07 11:17 ] [ 編集 ]

ヨシダヒロコさん

ヨシダヒロコさん、こんにちは。
自分にとって新しい分野に入る場合は、通信教育とかで少し勉強してからのほうがいいと思います。
私も医療機器分野の仕事を始める前にメディカル翻訳コースに1年間通いましたので。
[ 2010/05/07 12:34 ] [ 編集 ]

私もある意味では会社で英語も会計も勉強させてもらっているのかもしれません。これからももっとその環境を利用したいと思います。(でも残業は勘弁です><)
[ 2010/05/07 23:58 ] [ 編集 ]

yukoさん

そうですね。現在自分がいる環境を最大限に利用するのがいいと思いますよ。yukoさんは会計の本をたくさん読んでおられるのですね。すばらしいです!
[ 2010/05/08 09:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekoblo285.blog99.fc2.com/tb.php/141-677e9921