2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 03








ディスプレイが真っ暗

昨日パソコンの電源を入れたまま30分ほど休憩して戻ってきたら、ディスプレイが真っ暗。いつもならマウスをちょっと動かしてみると画面が復帰するのに、今回は真っ暗のままで元に戻りません。Windows 7を導入して1か月半ほど経ちますが、前にも一度こんなことがありました。XPではこんなことはなかったな。

ちょっと調べてみましたら、[コントロールパネル]→[電源オプション]でディスプレイの電源を切る時間が指定されていて、しばらく休憩している間にディスプレイの電源が切れ、電源が切れたまま復帰しなかったのだなあと思われました。この電源オプションはVistaから導入された機能のようです。

[ディスプレイの電源を切る:]を見てみると、「10分」に設定されていました。これがデフォルトなのでしょう。

電源が切れて復帰しないのであれば、電源を切らなければいいではありませんかーと思い、これを「なし」に設定しました。これにて一件落着。

↓幸せならクリックしよう、ぽちっ。いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/05/17 ] Windows 7 | TB(0) | CM(2)

私もそう設定しています

いじってない時にモニターやパソコンの電源が自動的に落ちてしまうのは困りますよね。

私も「なし」で設定しています。

でも、つけたまま放置して忘れてしまってしまう人もいるから、そういう人には必要な機能なのかもしれないですねぇ。
[ 2010/05/18 09:42 ] [ 編集 ]

かわはらさん

そうですね。つけたまま忘れてしまう人にとっては便利な機能なんでしょうが、私はそういうことはないので、「なし」にするのがいいと思いました。
Windows 7の機能をまた1つ覚えられてよかったです。
[ 2010/05/18 10:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekoblo285.blog99.fc2.com/tb.php/147-848ff3af