2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10








翻訳に興味をもったきっかけ

私が翻訳という仕事に興味をもちはじめた最初のきっかけというのは、実は友人にやってもらった占いでした。

もう15年ほど前のことですが、当時親しかった友人で、手相や姓名判断など、いろんな占いをする人がいました。そのときにやってもらったのは水晶占いでしたが、私の守護神は文殊菩薩であり、開運のキーワードは学問とのこと。そして、翻訳の勉強をするといいよ!と言われたのでした。

学問が開運のキーワードというのが妙に納得できたので、私はすっかりその気になりまして、これがきっかけで翻訳というものに興味をもつようになりました。

当時は北陸の小都市に住んでいて、地域的な事情もあり、翻訳の勉強→翻訳の仕事という筋書きをなかなか具体化できませんでしたが、ずっと興味だけはもっていました。

そして、この友人のお告げから約10年後に、翻訳スクールで学ぶ機会があり、その1年後に翻訳の仕事を開始しました。実際に翻訳の仕事をやってみると、これほど自分に合う仕事はないと思えるほど、やっていて楽しい仕事です。

何がきっかけでどうなるかわからんもんですね、はい。

↓幸せならクリックしよう、ぽちっ。いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/07/16 ] 翻訳の仕事 | TB(0) | CM(8)

占いかぁ~

大変興味深い記事をありがとうございますm(_ _)m
ホントに、何がきっかけでどうなるかわからんもんですね。
私は昔から、手相も他の占いもげいじつ系の相が出ていて自分も好きだし、多分一生好きな気持ちは続くと思います。でも開運のキーワードが何かわからんっっ(汗)
しかし先日、あなたはげいじつのセンスや感性があるわよと、あるきっかけで根拠&確信を持って言って頂けた機会がありまして。すぐどうなるとかはないんですけどもA^_^;)、でも好きでずっと関わってきたのは間違いではなかったんだなぁと、ちょっとだけ自信がついた出来事がありました。
marikoねぇさんのような感じになるかは全くわかりませんけど、興味を持って関わっていくことって大事で、どんな結果になってもきっと無駄ではないんだなぁと、励まされました(^O^)
[ 2010/07/17 00:07 ] [ 編集 ]

同じく

私もきっかけは占いでした。

ずっと翻訳に興味がありましたが、当時していた家業の仕事を辞められず(父が不治の病を患ったので)悩んでいました。辞めることは家族を裏切ることだと思っていましたが、占い師さんが「自分の生きたい道に生きるのがあなたの真の幸せ。あなたが幸せになれば家族も幸せなのです」と月並みなのに説得力のある言葉を言われ、思い切って出産を機に退職し(現在、時々手伝ったりはしますが)、翻訳の勉強を始めました。ちなみに「自宅で独立してする仕事が良い」とも言われました。

気軽にみてもらった占いですが、今思うと少なくない影響を与えられたみたいです。あとは結果(=仕事)を出さなければ。これは占い頼みにはできませんね。あはは;

長文失礼しました。
[ 2010/07/17 09:01 ] [ 編集 ]

占いですか!そういうケースもあるんですねぇ。

私は…

通訳だけでは収入が少ないから、と始めてハマった、という感じでしょうか?通訳もそうですが、知的好奇心が満たされるのが魅力ですね。やはり早くフリーに戻りたいですが、踏み出せません…未婚一人暮らしのため、毎月家賃が払えるだろうか等々不安なんですよねぇ
[ 2010/07/17 10:19 ] [ 編集 ]

さやかさん

さやかさんの開運のキーワードはやはり「げいじつ」ではないでしょうか。守護神はきっと弁財天でしょう!
好きでずっと関わってきたことというのは、自分に幸運をもたらしてくれるもんだと思いますよ。
[ 2010/07/17 10:21 ] [ 編集 ]

bettyさん

どうすればよいのかは自分が一番よくわかっているんでしょうが、占いって、なかなか踏み出せないでいるときに背中を押してくれるようなところがありますね。背中ではなく肩をたたかれることもあるでしょうが(^^;)

私の場合、40歳になったときに、人生の後半は自分の好きなように生きたいと思って「都会」に出てきました。
[ 2010/07/17 10:44 ] [ 編集 ]

◎WILL◎さん

英語を使って収入を得るには、教えるのが一番手っ取り早い方法なので、私はずっと英語講師の仕事をしていました。それしかないと思っていたときに、他の道もあるよと最初に気づかせてくれたのが友人の占いだったわけです。その占いがなくても、翻訳にはいずれ興味をもつようになったでしょうけど。

翻訳の仕事は、確かに知的好奇心が満たされますね。まさに学ぶことの喜びです。教える仕事というのは、自分が勉強するよりも生徒さんに勉強してもらうことが大事ですからね。

ちなみに、私がフリーになったばかりの頃は身内の者から借金をしておりました(^^;)
[ 2010/07/17 11:02 ] [ 編集 ]

人に英語を教えることは私には出来ない気がしますので、今の職場で英語を少しでも使わせてもらえることは有り難く思っています。私にとって、英訳は苦しくて楽しいものです。まだまだ修行が足りませんね><
[ 2010/07/17 16:06 ] [ 編集 ]

yukoさん

私もそうですが、英語が好きで勉強してきた人ならば、仕事で少しでも英語が使えるというのはありがたいことですよね。英訳がんばってくださいね。
[ 2010/07/17 16:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekoblo285.blog99.fc2.com/tb.php/169-8ad24c43