2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09








英辞郎をJammingで使う

お役立ち辞書としては、先に挙げたもの以外に、英辞郎もよく使用しています。英辞郎はなんでも載っていて便利な反面、ときどき間違いもあると言われていますが、ほかの辞書の検索結果と比較したり、Googleなどで確認したりして使えば、特に問題はありません。

 

英辞郎と聞いてすぐに思い浮かぶのはアルクのサイトにある「英辞郎on the WEB」で、次に思い浮かぶのは、英辞郎 第四版でしょう。

しかし、実はもう1つ、第三の英辞郎があるのです!

「英辞郎on the WEB」のツールバーにある「データ提供:EDP」をクリックすると、EDPのサイトが開きます。第三の英辞郎はここで購入できます(気になるお値段は1,980円)。私はこの英辞郎をJammingでほかの辞書と一緒に串刺し検索しています。

 

EDPのサイトでは、辞郎シリーズ(英辞郎、和英辞郎、例辞郎、略辞郎)の辞書データをダウンロードできます。テキスト形式(.txt)とPDIC/Unicode形式(.dic)の2種類のデータが含まれていますが、JammingDicToolsを使用してテキスト形式のファイルを変換すると、辞郎シリーズをJammingに登録して使用できるようになります。ファイルを変換する具体的な手順については、Jammingユーザーズガイドを参考にしてください。



↓幸せならクリックしよう、ぽちっ
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
関連記事
スポンサーサイト

こんにちは

英辞郎のデータってそんなに安かったんですか。知りませんでした。

私は辞書のデータ形式がEPWINGとかいろいろあってよく分かりません。仕事するようになれば必要に迫られて覚えるんでしょうけど…。

ちょっとこないうちにブログ模様替えされましたね。爽やかでいいですね。
[ 2009/10/01 16:50 ] [ 編集 ]

こんにちは

よしのりさん、こんにちは。

辞書のデータ形式については、仕事をするようになれば使い勝手を考えるようになるので、すぐに覚えられると思います。

ブログのテンプレートは、最初にブログを作るときにテキトーに選んだので、いつか変えたいと思っていました。ほめていただき、ありがとうございます。
[ 2009/10/01 17:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekoblo285.blog99.fc2.com/tb.php/17-ae77e3b9