2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09








なぜIT翻訳を選んだか?

産業翻訳には技術、IT、医薬など、いろんな分野があり、翻訳者は自分の得意な分野で翻訳会社に登録します。

たとえば、IT系の企業に勤めていたからITとか、大学で機械工学を学んだから技術とか、自分の専門分野がはっきりとわかっている人であれば、分野を選択しやすいでしょう。

しかし、私のように、大学は英文科卒、仕事はほとんど英語講師のみという場合、決まった専門分野がありません。こういう場合は、現在知識がほとんどないとしても、興味をもって勉強できそうな分野を選ぶのがよいと思います。

私の場合、翻訳スクールに通学するという勉強方法を選んだのですが、コース開講前にまず体験レッスンを受けてみました。産業一般、コンピュータ、メディカル、特許の4つのレッスンを受けて、いちばん興味をもてたのが「コンピュータ英日翻訳コース」(当時のコース名)だったので、よっしゃ!コンピュータで行こう!と思ったわけです。

コンピュータコースの体験レッスンで、「初級シスアド」という試験の名前をはじめて聞きました。IT翻訳をするなら、少なくとも初級シスアド試験に受かるくらいの知識があったほうが望ましいと聞いて以来、ずっとこの試験のことが気になっていました。

コース修了直後(2004年春)に受験した「初級シスアド」は不合格でしたが、代わって登場した「ITパスポート試験」に今年なんとか合格できました。
日々勉強が必要な仕事なので、やはり興味をもてる分野がよいでしょう。



↓幸せならクリックしよう、ぽちっ。いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/09/06 ] 翻訳の仕事 | TB(0) | CM(8)

理系の場合

こんにちは。

理系の場合専門を決めるのが簡単そうなイメージがありますが、そうでもないのです。前に言ったかも知れないけど、理系の人は専門外に対する恐怖心が強い気がします。

結局、調査能力の優れた人なら文系・理系限らず成功すると思います。バックグラウンドはスタートラインに過ぎません。




[ 2010/09/08 16:05 ] [ 編集 ]

ヨシダヒロコさん

こんにちは。
はい。専門外に対する恐怖心が強い話を以前聞いて、なるほどと思いました。私は英語以外に専門と言えるものがなかったので、なんでもやってみたい気持ちが強かったように思います。

翻訳の仕事に文系とか理系とかは関係ないと私も思います。ブログなどで「文系だから~」というフレーズをよく見かけますが、なんでそんなことが気になるのか私にはよくわかりません。
[ 2010/09/08 16:55 ] [ 編集 ]

お元気そうで。

 marikoさん、お久しぶりです。富山のジェミニです。

 しばらくお会いしていませんが、相変わらずお元気そうでなによりです。

 私も、最近は、英語のIT関係のものを呼んだりすることがあります。フリーのGISに関しては、日本語のものがほとんどなく、どうしても海外サイトの情報が中心なので。やはり、好きな分野なら英語でも読むことができたりしますね。

 私は、相変わらず、にろさんたちと、サークルしています。

 また、良かったら、こちらにも、いらして下さい。

 それでは。
[ 2010/09/11 00:58 ] [ 編集 ]

ジェミニさん

ジェミニさん、お久しぶりです。

そうですね。好きな分野なら勉強するのが苦になりませんね。私はやっぱりITが一番好きだなあと感じます。
それにしても、ブログをやっていらっしゃるとは知りませんでした。ときどきブログに寄らせていただきます。
[ 2010/09/11 09:10 ] [ 編集 ]

はじめまして

富山県在住のものです。富山県出身の方が翻訳業で活躍されているのを知ってうれしく思っています。ブログ、サッとですけど、ひととおり読ませていただきました。IT系の翻訳を選択されたそうですけど、実際は、工業・化学・医学と多岐にわたって仕事をされ、勉強もされているのですね。翻訳は、英語の実力はもちろん必要だけど、調べることが苦にならなくて、好奇心旺盛な人が向いているというのはそのとおりだなと改めて感じました。

私は専門学校で英語を勉強していましたが、現在はBSや教育テレビの英語番組を見る程度です。翻訳には興味があってどうやって勉強していけばいいか模索中です。今の自分の力を考えたら、敷居がかなり高いかとも思うのですが、勉強するからには何かを得たいというのも本心です。

とりあえず、英語全般の力をつけようと英検1級の取得を目指したことはあるのですが(というか、真っ先に英語といえば、これが浮かんでしまう。賛否両輪あるが)、自分の興味のある分野の勉強に絞った方がいいのかなとも考えたりしています。通信講座に医学・IT・環境と分野を絞ったものもあるし、ここで勉強した方が、手っ取り早く効率がいいようにも思えてきています。

これからも、ブログ楽しみにしています。

[ 2011/03/07 09:30 ] [ 編集 ]

ぱんださん

ぱんださん、はじめまして。

現在翻訳に興味があるのでしたら、まず通信講座で勉強してみるのがよいのではないかと思います。こういう講座では課題を通して翻訳の仕事を体験できるので、手っ取り早く効率がよいだけでなく、それ以前に自分が翻訳の仕事に向いているかどうかわかるという意味でもおすすめです。

地方だと翻訳の講座も通信しか選択肢がないし、大都市に比べると翻訳の仕事を得るきっかけがつかみにくいですよね。私自身が富山県出身なのでそれはよくわかります。

ただ、いったんコンスタントに仕事がもらえるようになると、住んでいる場所は関係なく、どこでも仕事ができるようになります。もちろん富山県でもお仕事できますよ。まずは勉強してみてはいかがですか?
[ 2011/03/07 10:09 ] [ 編集 ]

アドバイス、ありがとうございます

通信講座に関しては、いろいろ検討してはいるのですが・・・ なかなか、踏み切れなくて。 検討しては悩んでの繰り返しですね。趣味として英語を楽しむのもいいのだけど、まだ仕事とすることをあきらめたくないし。今度こそは一歩踏み出せたらいいなと、思っています。
[ 2011/03/08 16:12 ] [ 編集 ]

ぱんださん

とにかく何でもやってみるといいと思います。がんばってくださいね。
[ 2011/03/08 16:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekoblo285.blog99.fc2.com/tb.php/185-fef48fa9