2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12








医薬翻訳デビューさせられた話

それはTradosも購入し、ITと工業系を中心に順調にお仕事していた2006年夏のことでした。ある日、私の友人の友人という人から突然メールが届きました。用件は翻訳の仕事をしてほしいとのこと。

今でも十分に忙しいのでさらに引き受ける余裕があるかしら?と思いながら、一応問い合わせてみたところ、分野はなんと医薬! ある製薬会社のプレスリリースの翻訳(主に英文和訳)でした。

メールをくれた人の会社の社長さんが個人的に受けている案件で、その社長さんの通常の業務が忙しくなってきたため、代わりにやってもらえないかということでしたが、私は医薬の勉強をしたことがないからムリだろうと思い、お断りしました。

が、向こうはかなりお困りのご様子で、「なんとかお願いできませんか」と懲りずに頼んできて、結局は医薬翻訳デビューさせられました(^^;)

急遽購入した南山堂医学英和大辞典で単語を調べ、過去の翻訳資料を参考にしながらお仕事しましたが、わからんことだらけの上に、プレスリリースなので短納期。実にスリルとサスペンスあふれるお仕事でありました。
Jammingで使えるし、たぶん一番安い医学辞典。

このお仕事自体は8回ほどで終了しましたが、これを機会に医薬翻訳の勉強をしておくと、将来役立つこともあるだろうと思い、メディカル翻訳コースに通うことにしたわけです。

↓幸せならクリックしよう、ぽちっ。いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/10/31 ] 翻訳の仕事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekoblo285.blog99.fc2.com/tb.php/201-8f03070b