2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08








専門知識を身につけるには?

「どうやって専門知識を身につけたのですか?」というのは、翻訳を勉強中の人からよく尋ねられる質問の1つで、私も翻訳という仕事に興味を持ち始めた頃に疑問に思ったことの1つでした。

翻訳の仕事を始めてもうすぐ9年になりますが、専門知識については、実際に仕事をすることによってその分野のことが少しずつわかるようになってきたというのがこの質問に対して一番しっくりとくる答えのような気がします。

実際の仕事以外ですと、これについてもっと知識を深めたいなあと思った事柄についての本を読むことも専門知識を身につけることに役立っています。

私が実際に読んだ本や買った本については、「各分野の勉強」カテゴリの記事に書いています。 ただ翻訳の仕事の合間にこれらの本を読む時間がなかなか取れないことも多く、積ん読本がどんどん増殖中。

こんな私にピッタリの勉強法は検定試験を受けることです。 試験を受けるとなるとできれば合格したいですから、対策本を買ってきてそれなりに勉強しますが、受検を申し込まずに本だけ買っても絶対に勉強しません!

私が今までに受けた資格試験や検定については、「資格試験」カテゴリの記事に書いていますが、この中から実務翻訳に役立ちそうな検定をいくつか挙げてみます。

ITパスポート試験

以前は「初級シスアド」と呼ばれていた試験。翻訳スクールの先生によると「IT翻訳をするならこの試験に合格するくらいのITの知識があったほうが望ましい」とのこと。

工業英検
工業英語やテクニカルライティングの勉強に最適。

医学英検
知名度はいまひとつですが、医学英語の勉強には役立ちます。

理科検定
先日受検し、現在結果待ち。中学校の理科をおさらいしたい人にオススメ。3級がちょうど中3レベルです。

ほかにも探せばいろいろあると思います。また何か検定を受けるときにはご紹介します。

↓幸せならクリックしよう、ぽちっ。いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/02/12 ] 各分野の勉強 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekoblo285.blog99.fc2.com/tb.php/362-300814ba