2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07








Wordの設定

Word、Excel、PowerPointというオフィス三人娘(娘なのか?)のうち、翻訳の仕事で圧倒的に使用頻度が多いのはWordだと思うので、Wordの設定について書いてみます。

 

・[ツール]→[オプション]→「表示」→「編集記号の表示」の設定

「スペース」にチェック

IT翻訳の場合、「ステータスバー」などの複合語では、ステータスとバーの間に半角スペースを入れて「ステータス バー」にするとか、全角文字と半角文字の間にも半角スペースを入れるとか、細かい表記ルールがいろいろあります。スペースが表示されるようにしておくと、ちゃんとスペースを入れたかどうか確認しやすいですね。

また、半角スペースしか使用しないので、IMEのプロパティの「スペースの入力」を「常に半角」に設定しています。

「隠し文字」にチェック

TradosとWordを組み合わせて作業する場合、ここにチェックが入っていないと、Word上で「あれ?バイリンガルになっていない!バイリンガルファイルを納品しないといけないのにどうしよう!」と慌てふためくことになります。

 

・[ツール]→[オートコレクト]→「入力オートフォーマット」と「一括オートフォーマット」→「入力中に自動で変更する項目」

すべてチェックを外す(「長音とダッシュを…」はチェックが入っていてもよいが)

TradosとWordのrtfファイルで作業する場合、これらの項目にチェックが入っていると、Tradosさんが変更してはならないタグをご丁寧に変更してしまうので、怒り心頭に発することになります。

 

・[ツール]→[オートコレクト]→「オートコレクト」

「2文字目を小文字にする」と「文の先頭文字を大文字にする」のチェックを外す

たとえばソフトウェアの名前などで1文字目も2文字目も大文字の場合もあるし、文の先頭を小文字にしなければならない場合もあるので、これらのチェックを外しておいた方が、何回やってもWordがいうことをきいてくれない!と怒りまくることもなく、幸せになれると思います。



↓幸せならクリックしよう、ぽちっ
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/11/12 ] Microsoft Office | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekoblo285.blog99.fc2.com/tb.php/41-b9935ebf