2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05








英訳もいいなあ

先週の土曜日、ミズトラの会の「日英技術翻訳スキルアップ」セミナーに参加しました。セミナーの講師は、日本工業英語協会専任講師の中山裕木子先生。

中山裕木子先生といえば、『技術系英文ライティング教本』の著者でもあります。この本は以前この記事でも紹介しましたね。

技術系英文ライティング教本―基本・英文法・応用
by カエレバ

セミナーでは、テクニカルライティングで重要な3Cに留意しながらリライト、英訳、要約などの演習を行いましたが、セミナー終了後、英訳もいいもんだなあと思いました。なんと申しましょうか、英語を書くのは単純に楽しい!

先日、知り合いの医薬翻訳者さんが「翻訳人生もこの先そんなに長くないだろうことを思えば、好きな和訳の仕事のみをやっていきたい」というようなことをブログに書いておられて、同年代の私は大いに共感したわけですが、私もまさに同じような気持ちで、今後は好きな和訳をメインにしていこうと2年ほど前から心に決めていたのでした。

そういうわけで、最近は和訳にしか興味がもてず、昨年通信講座の講師の仕事のオファーを受けたときも、和訳を教えることしか思いつきませんでしたが、今年に入り、通信講座の準備を始めた頃だったか、英訳も教えられたらもっといいかもしれないなとふと思いました。

翻訳スクールの英訳講座の先生は割とネイティブが多かったりしますが、私が今までに英訳講座を受けた経験から言うと、先日の中山先生も含めて、ネイティブの先生よりも日本人の先生のほうがずっとよかったです。だって、単に合ってる間違ってるだけでなく、どうしてそうなるのか説明してくれないとわからんでしょう。せっかくお金払ってるのに(^^;)  そういうことを日本語でうまく説明できるのが日本人の先生なんですね。

そんなことを考えていたら、テクニカルライティングの基本から勉強し直して、英訳も教えられるようにしようかしらなどと、だんだんその気になってきたわけでありまして。そんなタイミングで今回の英訳セミナーを受けたので、教え方も含めてとても参考になりました。

それこそ翻訳人生がこの先何十年とあるわけではないので、おもしろそうだなと思ったことはどんどんやってみたらよいのではないかと思っています。英訳もいい!

セミナー後の懇親会で食べたおすし
懇親会のおすし 

↓1日1ぽちっ!いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
関連記事
スポンサーサイト

No title

猫先生、まいどです~。先日はご一緒できて嬉しかったですわ~。

私も、定冠詞・不定冠詞の使い方の説明がが一番納得できたのは(中山先生含め)日本人の先生ばかりでした! でも、考えてみれば、日本人が外国人に日本語を論理的に教えるのは大変なわけで(自分が感覚的に理解できるものだから、「こうだからこうなる」的な説明は難しいと思うんです)、それも当然なのかもしれませんね。

私は、とりあえず、この先も(暫くは)和訳一本でいくつもりですけど、英語の文章を書くのは嫌いではないし、中山先生のセミナーがあればまた受けるつもりです。猫先生のセミナーもですよ~。教師体質の猫先生の英訳セミナーも楽しみです!
[ 2014/06/06 19:07 ] [ 編集 ]

Sayoさん

Sayoさん、まいど~。私もSayoさんとご一緒できて楽しかったですにゃ。
はい。やはり外国語をおしえるのはネイティブでないほうがいいのでしょうね。そう思うと、日本人講師による英訳セミナーって需要があるっていうか、求めている人が多いのではないかと思ったわけです。猫先生の英訳セミナーもそのうちできるようにがんばりますにゃ。
[ 2014/06/06 19:47 ] [ 編集 ]

将来的には

「翻訳人生もこの先そんなに長くないだろうことを思えば・・・」と言うのは、今後は翻訳以外のお仕事もお考えになってるということですか?

英語のみならず色んなものを勉強されてらっしゃるので、それらをもっと生かしたいとか?

わたし的には猫先生には先輩として今後もずっと産業翻訳の世界を引っ張っていっていただきたいのですが・・・
[ 2014/06/06 23:39 ] [ 編集 ]

kokoさん

「翻訳人生もこの先そんなに長くない」というのは、単に年齢的なことを意味しているのであって、今後翻訳以外の仕事を始めるという意味ではありません。現在50代半ばですので、今のペースで仕事ができるのはせいぜい長くてもあと10年くらいではないかと。そういう意味です。

そういう意味でこの先何十年もあるわけではないので、自分の好きなように自分のペースで翻訳の仕事をしていきたいとここ数年思うようになりました。具体的には、バリバリ稼ぐことを考えたりせず、のんびりペースで仕事をしていく時期に入ったと思っています。

教えることも含めて産業翻訳の世界にはずっと居続けるつもりでいますよ。kokoさんのお気持ち、とってもうれしいです。ありがとうですにゃー!
[ 2014/06/07 09:15 ] [ 編集 ]

わたし達、これからっすよ

あ、そういう意味だったんですよ、よーく読めば確かに。。。すいません、早トチリしてしまい。

でも、今ってみんな若いですよね。ベテラン通訳長井鞠子さんなんて70超えてもバリバリの売れっ子だし。戸田奈津子氏は80近くになっても後進に道を譲る気全く無さそうだし。

そういうスキルを維持してるのもスゴイと思いますが体力とかすごいですよね。翻訳っていくつになってもできる的なことはよく言われますが、結構体力(気力も)必要って思います。納期のプレッシャーもキツイし。新しい事を覚える意欲も必要だし。

私もほぼアラフィフなので体力の衰えはすっごく感じますね~ ^^;

好きなコトを最小限の人間関係の摩擦でできる翻訳の仕事はやっぱり魅力ですね。

猫先生が産業翻訳の世界にいてくれることを聞いて安心しました。

この高齢化社会、人生これからっすよ、お互い、ひとっ花もふたっ花もこれから咲かせましょう!o(^▽^)o
[ 2014/06/07 10:09 ] [ 編集 ]

kokoさん

はい。やはり体力と気力がどれだけもつかということですね。のんびりペースが望ましいお年頃になってまいりました。確かに、翻訳の仕事って、好きなコトを最小限の人間関係の摩擦でできる仕事ですよね。いい仕事に巡り会えたもんです。
[ 2014/06/07 10:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekoblo285.blog99.fc2.com/tb.php/475-16c4f31c