2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09








トラドスの本を買ってみた

トラドスはIT翻訳者には必須の翻訳支援ソフトで、私もほぼすべての案件でトラドスを使用しているのですが、マニュアル本はずーーっと前に発売されたTRADOS6 Freelance―翻訳支援ソフトの世界標準+「翻訳メモリ」活用法くらいしかありませんでした。

しかし、トラドスも名前にStudioが付くようになってから、見かけも操作法もかなり変わってしまったので、大昔に出たこの本も役に立たなくなっています。

私は現在Trados 2007とTrados Studio 2011を使用していますが、最初は2011の使い方がわからず、こちらの記事に書いたように、佐藤翻訳事務所のSDL Trados 2011入門コースを受講して、2011の基本的な使い方を覚えました。でも、プロジェクトやらを作成する手順をすぐ忘れてしまうので、そのたびにこのコースのテキストを見ています。

私が受講したのは入門コースで、ほんとに基本的なことしか含まれておらず、マニュアル本があるとわかりやすいんだけどなーと常々思っていたら、先日マニュアル本が出たという話を聞いたので買ってみました。

1, 日本語の2009の本
即効解決 SDL Trados Studio 2009
by カエレバ

2. 英語の2014の本
Sdl Trados Studio: A Practical Guide
by カエレバ

どっちを買おうかと迷ったあげく、2冊とも買いました。
先日届いたばかりでざっと見ただけですが、どちらか1冊買うのなら1の日本語版のほうがよいと思います。

1ではWinAlignやMultiTermの使い方にも触れていて、この本を参考にすると私がもっているTrados Studio 2011ももっと活用できそうです。やはり日本語で書かれているから、自分が知りたいことを見つけやすいですね。

2は最新バージョンのマニュアル本という点ではよいかもしれませんが、英語なので自分が知りたいことを見つけるのに時間がかかります。まあ、たまにぱらぱらと眺めて2014のことを知るにはよいと思います。

こちらはトラどす。
トラどす 

↓1日1ぽちっ!いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/06/11 ] Trados | TB(0) | CM(4)

No title

はじめましてmarikoさん、駆け出し翻訳者のゴハンと申します。

最近Tradosのトライアル版をダウンロードしたのですが、これがすべて英語なんです。ソフト名にはSDL Trados Studio Trial 2014_ja-JPのように「JP」が入っているのに...?と不思議に思い、ネット検索してみましたが、みなさん日本語でお使いのご様子。テクニカルサポートに質問を送ってみましたが、返事がありません。来週には正式版を購入するつもりでしたが、英語のままでは使いづらく、困っております。

marikoさんは、こんな話を耳にされたことはありますか?
[ 2014/06/30 19:40 ] [ 編集 ]

ゴハンさん

ゴハンさん、こんにちは。おいしそうなお名前ですね(^_^)

たとえば、Trados Studio 2011の場合、ツールバーの[View]→[User Interface Language]を選択すると[Japanese]という選択肢があり、UIを日本語に変更できるようになっているのですが、そのトライアル版はそのようになっていませんか?どのバージョンのTradosもそうなっているはずなんですが。
[ 2014/06/30 20:11 ] [ 編集 ]

ありがとうございます

marikoさん、再びゴハンです。食欲だけは自信があります。
お返事をありがとうございます。無事に日本語になりました!
勉強不足を棚に上げ、厚かましくも初めてのコメントで質問しましたのに、親切に教えてくださってありがとうございました。これからもまた、お邪魔しない程度にお邪魔させてくださいませ。
[ 2014/06/30 22:12 ] [ 編集 ]

ゴハンさん

無事に日本語になってよかったですね。またあそびにきてくださいね。
[ 2014/07/01 09:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekoblo285.blog99.fc2.com/tb.php/478-f3209457