2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11








語源から覚える解剖学英単語集シリーズ

NTSから発行されている「語源から覚える解剖学英単語集シリーズ」が気に入っています。シリーズの『骨単』、『肉単』、『脳単』、『臓単』 では、それぞれの用語について見開き2ページで日本語と図解、次の見開き2ページで英語と語源解説という構成になっています。このシリーズで私がもっている2冊を紹介します。

 

1.  臓単

表紙の「役立つ雑学が、五臓六腑に染みわたる!!」というフレーズがなんともいえない内臓編です。各臓器の細かい部分まで日本語と英語で載っています。

内臓に関するコラムがおもしろいです。そうか、五臓六腑とはこれらのことかと。

 

 

2. 3D踊る肉単

筋肉編『肉単』 の姉妹版で、CG筋モデルPCアプリケーション付きです。

NTSの(概要)3D踊る肉単でデモが見られます。この本の用語は日本語のみで、英語はありません。また、本文の用語にミスがあるようで、NTSのサイトで訂正情報のPDFファイルを配布しています。

 

私の場合、アプリケーションで筋肉を動かして喜んでいるだけなので、英語がなくてもミスがあっても気にしていませんが、筋肉について真面目に勉強したい場合は、

肉単―ギリシャ語・ラテン語 (語源から覚える解剖学英単語集 (筋肉編))を購入した方がよいと思います。

 


↓幸せならクリックしよう、ぽちっ
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/11/29 ] 各分野の勉強 | TB(0) | CM(2)

まだ買ってない

本屋で見かけてチェックしてたんですけどねー。
まだ購入してません。
[ 2009/11/30 09:51 ] [ 編集 ]

本屋さん

ヨシダヒロコさん、こんにちは。
このシリーズ、アマゾンでは品薄みたいですけど、本屋さんでは見かけますよね。
急いで購入しなくても大丈夫だと思いますよ。
[ 2009/11/30 10:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekoblo285.blog99.fc2.com/tb.php/48-7d9c1cce