2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08








辞書編纂者の、日本語を使いこなす技術

『辞書編纂者の、日本語を使いこなす技術』という本を仕事の合間に読んでいます。
著者は『三省堂国語辞典』の編集委員で、日本語を使いこなすための技術について書かれている、タイトルどおりの本でございます。

日本語を使いこなす技術について書かれた本だけあって、とても読みやすく書かれており、言葉の使い方について楽しく考えながら読むことができます。

第2章まで読んだところなのですが、第2章「分かりやすい表現 確かに伝える方法を考える」では、漢字と仮名の使い分けや読点(、)の打ち方など、翻訳の仕事や日本語のライティングにも役立つ話がいろいろ書かれており、参考になりました。

辞書編纂者の、日本語を使いこなす技術 (PHP新書)
by カエレバ


この本で、「辞書の中には、あることばを漢字・仮名のどちらで書くほうがいいか、くわしく示したものがあります。宣伝するようですが、私たちの編纂する『三省堂国語辞典』もそのひとつです。
と宣伝しておられたので、『三省堂国語辞典 第七版』のサイトを見てみました。

新しい語がたくさん収録されているようだし、見本ページによると「読みが同じで書き分けに注意する語」とかも示されているし、『三省堂国語辞典』がほしくなりました。今度本屋さんで実物を見てみようと思います。

三省堂国語辞典 第七版
by カエレバ


↓1日1ぽちっ!いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/06/09 ] 本・雑誌 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekoblo285.blog99.fc2.com/tb.php/524-82314fbe