2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12








通訳翻訳ジャーナル:Over 40 シニア世代でも輝ける!

『通訳翻訳ジャーナル』2016年冬号が発売されました。主な内容については、リニューアルオープンした「通訳翻訳WEB」のこちらのページをご覧ください。

通訳翻訳ジャーナル 2016年1月号
by カエレバ

今回のCover Story 1は「Over 40 シニア世代でも輝ける!」ということで、めがねをかけて本を読んでいる犬先生が表紙です。

私も40歳を過ぎてから翻訳スクールで学び、その1年後に翻訳の仕事をスタートしたのですが、年齢によるハンデもメリットも特に感じることなく今まで仕事をしてきたように思います。

どんな仕事でもそうなんでしょうが、自分に向いていて楽しんでできる仕事であれば、年齢はあまり関係ないのでしょうね。

ただ、今の年齢を考えると、この先何十年も続けられるわけではないので、仕事(内容や条件など)は選びたいと思っています。

また、このコーナーでは、55歳で通訳学校に入学し、60歳で通訳デビューされた方も紹介されており、自分も今から他の分野とか他の言語とかで新規開拓するのもいいかもしれないなあと思ったりしました。

この先あまり長くないと思うから、以前からやってみたいと思っていたことにチャレンジする。そう思うのがシニア世代なんでしょうなあ。

ということを考えた今回の通翻ジャーナルでした。


写真は勤労感謝の日に訪れた姫路城。天気がいまひとつでしたが。

姫路城1 

ちゃんと上まで登りましたよー(^_^)

姫路城2 


↓1日1ぽちっ!いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/11/26 ] 翻訳の仕事 | TB(0) | CM(4)

シニア世代とは。。。

ねこ先生、こんにちは。初めてコメントさせていただきます。
つなぎすとサロンのセミナー等で何度かお目にかかり、FBお友達にさせて
いただいております野口由香子といいます。
ジャーナルのタイトルに、思わずコメント残します。
(まだジャーナルは購入していませんが)
紆余曲折脱線脱落しかかりながら翻訳を続け、最近は医療機器の校正
作業をコンスタントにいただいて、とても面白くやっています。
ただ、目が非常に疲れて困ります。これもシニア世代ならでは、でしょうか。そう考えるとあとどれだけできるのだろうかと不安にもなります。
またそんなお話をさせていただく機会があればなと思います。
アルク30回翻訳大賞に応募させていただき、ねこ先生に審査いただいて
1次通過のお知らせいただきました。ありがとうございました。
まだまだまだまだ未熟なシニア世代です(>_<)
長々と失礼いたしました。
[ 2015/11/26 17:36 ] [ 編集 ]

のぐちさん

はい。確か今年の夏の洋書を読むセミナーでもお会いしましたよね。
目は確かに疲れますね。私はブルーベリーのサプリメントを毎日飲んでいます。ブルーベリーは効果がないと聞いたことがありますが、ブルーペリー以外の成分が効いているのか気分的なものなのかわかりませんが、私には合っているようです。

のぐちさんがアルク翻訳大賞に応募されていたとは!びっくりぽん!審査は名前を伏せられた状態でしているので今はじめて知りました。
1次通過おめでとうございます!\(^O^)/ また、セミナーなどでお会いしましょう!
[ 2015/11/26 19:50 ] [ 編集 ]

試してみます。

そうです、ブルーベリーは効かないとよく耳にしていたもので
試したことがありませんでした。
が、試す前からダメだと決めつけることないですね。
さっそく買いに行ってみます!
ほんとに、ありがとうございました。
またお会いできる機会を楽しみにしています(^^)。
[ 2015/11/27 09:42 ] [ 編集 ]

のぐちさん

はい。試してみたらいいと思いますよ(^_^)
[ 2015/11/27 10:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekoblo285.blog99.fc2.com/tb.php/556-8946dedd