2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07








氷河特急

スイスといえば、山や湖などの美しい風景のほかに、鉄道もその魅力の1つであり、鉄道が好きな私はいろんな鉄道に乗るのを楽しみにしていました。

旅行中に乗った鉄道を乗車順に紹介します。⇔は往復、→は片道の利用です。

1. インターラーケン⇔ユングフラウヨッホ:ベルナーオーバーラント鉄道、ヴェンゲルンアルプ鉄道、ユングフラウ鉄道(ヨーロッパで一番高いところを走る)
2. アンデルマット→サンモリッツ:氷河特急
3. ディアヴォレッツァ→サンモリッツ:世界遺産のレーティッシュ鉄道ベルニナ線
4. テーシュ⇔ツェルマット:シャトル列車(ツェルマットは環境保護のためガソリン車の乗り入れ禁止)
5. ツェルマット⇔ゴルナーグラート:ゴルナーグラート鉄道
6. シャモニー⇔オテル・ド・モンタンヴェール:モンタンヴェール鉄道(フランス)

この中でも最も印象に残った2番の氷河特急の旅についてお話しします。

氷河特急はツェルマットとサンモリッツを約8時間かけて結ぶ特別列車で、平均時速は約34kmなので「世界一遅い特急」と呼ばれています。私が乗ったのはアンデルマットからサンモリッツまでで、乗車時間は約5時間でした。

予定よりも1時間以上早くアンデルマットに着いたので、時間つぶしに町をそぞろ歩いていたら、1本前の氷河特急が走るところを見ることができました。
あれに乗るんだなあ(^_^)

列車1 

はいはい。これに乗るんです、アンデルマット11:54発。

案内 

ドキドキわくわくしながら列車の到着を待っていたら、来たーー!\(^O^)/

列車2 

赤い車両にGLACIER EXPRESSの白い文字がカッコイイ*^^*
スイスらしい配色です。

側面 

お弁当が配られるそうですが、その前にまずスーパーで買ってきたビールを。
お向かいさんからポテトチップスの差し入れがありました。

ビール 

しばらくするとお待ちかねのお弁当が来たーー!\(^O^)/
張り切って開けてみたら、ほとんど遠足のおやつのようなもので、車内はがっかり感がそこはかとなく漂っておりました。

おやつ 

おやつを食べ終わった頃にお土産車内販売のおじさん登場!
なかなかのエンターテイナーで、カタコトの日本語で上手に応対してすっかり人気者(^_^)

車内販売 

私が買ったのは、帽子と傾いたワイングラス。グラスが傾いているのは急勾配用ということらしいけど、実際にはそれほどの勾配でもなかったような。

帽子とグラス 

買った帽子をさっそく被ってみました。その後この帽子が旅行中ずっと大活躍。
気に入りました(^_^)

帽子 

乗車して4時間くらい経った午後4時頃、この路線の一番の見どころであるランドバッサー橋が見えてきました。みなさん一斉に進行方向右側に集まって撮影祭り。

橋1 

こうして特等席に陣取ったおかげで、うまく撮れました(^_^)
ちなみにこの画像は動画から取り出しました。

橋2 

午後5時過ぎにサンモリッツ駅に到着。楽しい列車の旅でした(^_^)

サンモリッツ 

↓1日1ぽちっ!いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/08/16 ] 旅行や遠足 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekoblo285.blog99.fc2.com/tb.php/597-117bfb6e