2017 01123456789101112131415161718192021222324252627282017 03








翻訳祭に参加しました

11月29日、東京で開催された第26回JTF翻訳祭に参加しました。
会場は「アルカディア市ヶ谷」。

アルカディア 

翻訳祭には8年ぶりに参加するというのに、諸事情により午前中のみの参加となりました。私が参加した2つのセッションについて簡単にご報告します。

セッション1:「英訳は、日本語の読みで勝負!」

『英語「なるほど!」ライティング』などの著書でおなじみの日英翻訳者、遠田和子先生による、原文の意味を的確に捉える「読み込み」の大切さに焦点を当てたセミナー。

「角」は「かく」と読むか「かど」と読むか(あとで思えば「つの」もありました)で訳語が違ってくるし、「架線」と言っても鉄道用の架線とは限らない、などなど…

ここで挙げられた題材はすべて"based on a true story"だそうで、英訳の仕事をしたことがある人なら「あるある!」と思うような話がたくさんありました。

遠田先生のセミナーに参加するのは今回で2回目ですが、今回も明るく楽しいセミナーで、大いに楽しませていただきました(^_^)

セッション2:パネルディスカッション「使われないツールの使い方 ― 十人十色のツール論」

翻訳支援ツールに関するパネルディスカッション。パネリストがそれぞれのツールとの関わり方について語るのを聴きながら、いろいろ考えました。

私の場合、2005年からTradosを使っており、指定があってもなくてもずっとTradosを使って作業してきたので、この作業方法にすっかり慣れてしまっています。

ツールを使うと作業しやすいし、作業自体が楽しいので、ツールなしで作業することは私には考えられません。

現在は特定のクライアントの案件のみを担当していることもあり、ほぼ100%の仕事がTrados指定ですが、自分には合っているように思います。

今後の仕事の方向性がどうなるのかはわかりませんが、自分にとって作業しやすいやり方を常に考えていきたいなあと思いました。

会場の近くでランチ。きしめんのようなパスタがおいしかったですね。

きしめん 

お付き合いいただいたみなさん、ありがとうございました。
今度は最後まで参加したいです。

↓1日1ぽちっ!いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekoblo285.blog99.fc2.com/tb.php/611-456c49cd