FC2ブログ

2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12








通訳翻訳ジャーナル:ポストエディットもいいかも

『通訳翻訳ジャーナル』2018年冬号が発売されました。主な内容については、「通訳翻訳WEB」のこちらのページをご覧ください。


通訳翻訳ジャーナル 2018年1月号
by カエレバ


「一流の人は何を読んでいる? 翻訳者・通訳者の本棚」では、第一線で活躍中の翻訳者・通訳者がそれぞれオススメの本を紹介しています。

外国語をどう学んだか (講談社現代新書)とかおもしろそうだなあ(^_^)


連続企画「機械翻訳最前線」では、今回機械翻訳(MT)後のポストエディット(PE)について詳しく取り上げています。

私は今インハウス翻訳者という立場で主にMT+PEの仕事をしています。

MT訳については、用語に関してはその案件の用語集から割と的確に選んでくれており、ここに書かれているような「単語が入力されているだけでも時間は短縮される」ことは確かにあると感じています。

確かに文全体で見ればおかしな日本語になっていることが多いのですが、語句レベルで入力支援的に利用するなど、何度かやっているうちにコツみたいなものもつかめてきたように思います。

私は以前からMT+PEの作業自体はそんなにイヤではなかったのですが、単価が低いのがイヤでした(^^;)

今は時給計算なので心穏やかに(笑)作業しています。

ただ、インハウスで仕事をしてみて、MT+PEがかなり増えてきていることもわかったので、今後フリーランスに戻ったらMT+PE案件も受けようと思っています。

仕事は多いほうが儲かりますから、MT+PEに限らず、その作業自体がイヤでなければレパートリーの1つに取り入れて、いろんなタイプの仕事を受けるのがよろしいのではないかと最近思っています。


↓先日スマホが壊れたので買い換えました。ついでにタブレットも買いました(^_^)

タブとスマホ 

↓1日1ぽちっ!いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/11/22 ] 翻訳の仕事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekoblo285.blog99.fc2.com/tb.php/644-b4b41dac