2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11








和訳だけやるほうが稼げる!

長かった冬休みも先日終わり、本年初仕事の英訳を納品し、今は和訳案件に取り組んでいます。やっぱり英訳より和訳のほうが好きだなあ。

 

原文の内容を英語で表現するのが英訳で、日本語で表現するのが和訳。英語のネイティブではないので、英語は日本語のようにすらすらと出てきません。言葉が出てきてそれを文に組み立てるのに日本語の2倍ほど時間がかかります。だから、たらたらと進む英訳よりも、さっさと仕事が進む和訳のほうが仕事をしていて気持ちがよいのです。

 

以前和訳と英訳という記事にも書いたように、英訳が和訳の2倍時間がかかるといっても、1枚あたりの単価が和訳の2倍ということはなく、比較的高く設定している翻訳会社でも1.5倍くらいです。

 

そういうわけなので、稼ごうと思ったら、時間当たりの料金が高い和訳だけをどんどんやるほうが稼げると思います。ただし、これは仕事が絶え間なくやってくる状況であればということです。最近の私のように、かなり間が空くような状況であれば、和訳でも英訳でもとにかく仕事をゲットする必要がありますね。



↓幸せならクリックしよう、ぽちっ。いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/01/16 ] 翻訳の仕事 | TB(0) | CM(2)

英和か和英か

しばらく前の記事に失礼します。
現在、和英中心に技術翻訳をしている者です。
自分の場合、英和だと、和英ほど稼げないのですが、英文を読むスピードを上げると、英和も稼げるようになるのかなぁと、感心して読ませてもらいました。和英中心になると、ますます英文を読まなくなるので、英語を勉強し直そうと思います。
[ 2011/12/25 13:50 ] [ 編集 ]

diatomさん

コメントをありがとうございます。
言われてみれば、私は英文を読むスピードが割と速いかもしれません。それに和訳が多いので、英文を大量に読むことになりますし。

英和と和英の両方をやっていると、それぞれが互いの参考になっていいですね。
[ 2011/12/25 14:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekoblo285.blog99.fc2.com/tb.php/84-59f11983