2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08








電子出版デビューしました\(^O^)/

 2016年6月25日、私のはじめての著書であるKindle本『翻訳で、稼ぐ!: 猫先生の実務翻訳ガイド』が発売されました。



どうやって翻訳の勉強を始め、どうやって仕事に就き、どうやって仕事をコンスタントに獲得していくか。翻訳の仕事をやってみたい人や翻訳を勉強中の人に向けて、そのノウハウを伝えたいと思い、この本を書きました。翻訳者の卵さんたちの参考になれば幸いです。


こちらが出版手続き直後の画面です。Kindle本ってこんな風に出版するんですね。
手続き


今回の本の出版については、作家・英語教育研究家の晴山陽一先生、出版プロデューサーの小見勝利先生のご指導のおかげで実現しました。

6月26日(日)~6月27日(月)の2日間、大阪晴山塾による出版記念キャンペーンを行います。この2日間に晴山塾大阪第1期生の本をお買い上げいただき、キャンペーンにご応募いただきますと、抽選で素敵なプレゼントが当たります。

ご応募はこちらから↓
【大阪晴山塾キンドルキャンペーン2016年6月】

Kindle本発売のご案内でした。

↓1日1ぽちっ!いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
[ 2016/06/26 ] 本・雑誌 | TB(0) | CM(0)

通訳翻訳ジャーナル:翻訳者の時間術

『通訳翻訳ジャーナル』2016年夏号が発売されました。主な内容については、「通訳翻訳WEB」のこちらのページをご覧ください。

通訳翻訳ジャーナル 2016年7月号
by カエレバ


第一特集「学習効率&仕事の生産性を上げるための通訳者・翻訳者の時間術」のアンケートに回答した翻訳者は104人!もいらっしゃったようで、私が回答しようとしたときにはすでに締め切られていて、今回はアンケートに参加できませんでした。

アンケートの結果によると、1日の睡眠時間の平均は6~7時間とのこと。「8~9時間」と回答した人は6人だけでした。

毎晩11時になると「猫先生はもう寝ます」と全世界のみなさんにお知らせして床に入り、翌朝NHKの朝ドラに間に合うようにがんばって起きる私が参加していたら、「8~9時間」が7人になったのにー!!  まあ、どうでもいいですけど。

興味深いなあと思ったのは、「翻訳作業の記録のススメ」のページ。 翻訳スピードを把握するために毎回1時間あたりの翻訳量の記録を取っている人も多いようです。

私はプロデビューして12年になるのですが、実は、このような詳しい記録は一度も取ったことがありません。でも、自分の翻訳スピードはなんとなくわかるし、1日の翻訳のノルマをなんとなく設定し、そのノルマはだいたい達成しています。そんなアバウトな私には真似のできないことだなあと、感心しまくりで記事を読みました。

では、どうやって自分の翻訳スピードがわかるようになったのかと、プロデビューした頃を振り返ってみました。

翻訳スクールの先生から「和訳の場合、1日15枚くらい(約2000ワード)がプロの平均的なスピード」だと聞いて、その数字に基づいたスケジュールで仕事を受けてみたらちょうどいいペース配分だったので、これが自分のスピードなのかと思ったのでした。それ以来ずっとこのスピードを基準にしています。

ほんとにアバウトですねえ(^^;)

でも、これで今まで特に問題はなかったので、これからもこんな感じで続けていくと思います。

↓1日1ぽちっ!いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村 
[ 2016/05/22 ] 本・雑誌 | TB(0) | CM(0)

新版が出ました!

『通訳翻訳ジャーナル』で有名なイカロス出版から『新版 医学・薬学の翻訳・通訳完全ガイドブック』が発売されました。主な内容については、こちらをご覧ください。

医学・薬学に関わる翻訳・通訳の仕事内容、プロになるにはどのような知識やスキルが必要かなどについて書かれているので、特に医薬翻訳者を目指して勉強中の人に参考になる本だと思います。

このガイドブックは数年ごとに改訂版が発売されており、2014年版では、わたくし猫先生は、医療機器の翻訳を手がけるようになるまでの学習プロセスについてお話しさせていただきました。

今回私は登場していませんが、スキルの身につけ方などのアンケートにこっそりと協力しました。

ここ数年、SNSを通じて同業の知り合いがたくさんできたので、翻訳関連の雑誌を買うと必ず知っている人の顔が出てきます。

今回も知人友人が何人か登場されていましたが、普段お会いしてもここまで詳しい話はしないので、へー!そうだったのかー!と興味深いお話満載でございました。

新版 医学・薬学の翻訳・通訳完全ガイドブック (イカロス・ムック)
by カエレバ


↓1日1ぽちっ!いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
[ 2016/04/13 ] 本・雑誌 | TB(0) | CM(0)

通訳翻訳ジャーナル:辞書の話がおもしろい

お知らせが遅くなりましたが、『通訳翻訳ジャーナル』2016年春号が発売されました。主な内容については、「通訳翻訳WEB」のこちらのページをご覧ください。

通訳翻訳ジャーナル 2016年4月号
by カエレバ


今回、私は「翻訳者・通訳者の辞書環境&心得」と「翻訳者・通訳者の武器 人気・愛用辞書ランキング」のアンケートに協力したので、結果を見るのが楽しみでした。

ちょっとビックリ!したのは、「辞書を何冊ぐらい持っている?」という質問に対して、「5冊以下」という回答が24%(16人)もいたこと。

5冊以下なんてちょっと少なすぎませんか?と思いましたが、翻訳の仕事を始めてまもない時期だったり、PCに接続できるセイコーの電子辞書を主に使っていたりすると十分にあり得る話かもしれません。

「翻訳の勉強を始めた人、駆け出しの人がまず最初に揃えるべきだと思う辞書は?」という質問に対しては、予想どおり「ビジネス技術実用英語大辞典」(うんのさんの辞書)が16票で1位でした!この中には私の1票も入っています。

5年ほど前のブログ記事「最初に買った辞書」にも書きましたが、最初に買ったこの辞書が今でもお役立ちナンバーワンです。辞書のランキングコーナーでも「用例が豊富で、和訳にも英訳にも最も役立つ」とコメントしました。

ビジネス技術実用英語大辞典V5 英和編&和英編 CD-ROM版
by カエレバ


この「うんのさんの辞書」をお作りになった海野さんご夫妻のインタビュー記事もあり、辞書の誕生秘話などを興味深く拝読しました。

ほかにも深井さん、高橋さん、仙野さんの辞書の使い方の話など、今回の通翻ジャーナルは辞書の話がほんとにおもしろいです(^_^)


↓1日1ぽちっ!いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
[ 2016/02/26 ] 本・雑誌 | TB(0) | CM(0)

翻訳事典2017年度版

1月28日に『翻訳事典2017年度版』が発売されます。

わたくし猫先生は、2016年度版で第30回翻訳大賞実務翻訳部門の出題を担当させていただきましたので、2017年度版ではその審査結果と講評ということで引き続き登場しています。

受賞されたみなさん、おめでとうございます\(^O^)/

「翻訳で活きる人 ヒト ひと」のページでは、普段オンオフともにお世話になっているakoronさんも登場されています。

ほかにも辞書やパソコンの話などがあり、今回もお役立ち情報満載です。


翻訳事典2017年度版 (アルク地球人ムック)
by カエレバ


ところで、新しいスマホが白くて地味だったので、赤いケースを付けました。
やっぱりがいい!\(^O^)/

ケース 


↓1日1ぽちっ!いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
[ 2016/01/26 ] 本・雑誌 | TB(0) | CM(2)

通訳翻訳ジャーナル:Over 40 シニア世代でも輝ける!

『通訳翻訳ジャーナル』2016年冬号が発売されました。主な内容については、リニューアルオープンした「通訳翻訳WEB」のこちらのページをご覧ください。

通訳翻訳ジャーナル 2016年1月号
by カエレバ

今回のCover Story 1は「Over 40 シニア世代でも輝ける!」ということで、めがねをかけて本を読んでいる犬先生が表紙です。

私も40歳を過ぎてから翻訳スクールで学び、その1年後に翻訳の仕事をスタートしたのですが、年齢によるハンデもメリットも特に感じることなく今まで仕事をしてきたように思います。

どんな仕事でもそうなんでしょうが、自分に向いていて楽しんでできる仕事であれば、年齢はあまり関係ないのでしょうね。

ただ、今の年齢を考えると、この先何十年も続けられるわけではないので、仕事(内容や条件など)は選びたいと思っています。

また、このコーナーでは、55歳で通訳学校に入学し、60歳で通訳デビューされた方も紹介されており、自分も今から他の分野とか他の言語とかで新規開拓するのもいいかもしれないなあと思ったりしました。

この先あまり長くないと思うから、以前からやってみたいと思っていたことにチャレンジする。そう思うのがシニア世代なんでしょうなあ。

ということを考えた今回の通翻ジャーナルでした。


写真は勤労感謝の日に訪れた姫路城。天気がいまひとつでしたが。

姫路城1 

ちゃんと上まで登りましたよー(^_^)

姫路城2 


↓1日1ぽちっ!いつも応援クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
[ 2015/11/26 ] 本・雑誌 | TB(0) | CM(4)